« 第三者トラックバック | Main | PV数をローソクで表す »

堀江メールと精度

今話題のアレ。ラザーゲートのときよりもお粗末な感じですが。

民主党はメールを公表したとか。でもこれって公表したことになるのかなあ...。リンク先に現物(?)のPDFファイルへのリンクもあります。


野田国対委員長は続けて、「メールの存在そのものを疑われる状況になったため、情報提供者や関係者の理解を得て、公表することとした」と語った。また野田国対委員長は、メールのコピーの墨塗りの部分は情報提供者が特定されないようにするためのものだと述べた。

うーんと、わからないことだらけです。公表されたものを見るとますます「メールの存在そのものを疑」わざるを得ない。墨塗りの箇所の選択もなんかおかしいし。

メールの真偽については早い段階で小飼弾氏のエントリが出てて、まあ、アレです。リンク先エントリのコメント欄に作家の石田衣良氏が「TVで、堀江さんの特徴が出ていて偽造とは思えない、というような発言をしてました」って情報を書いている方がいて仰け反りました。

佐藤亜紀先生、島田雅彦先生に小突かれて「小説トリッパー」に断筆宣言(?)を書いた中原昌也氏もちょっと機嫌が良くなっているかもしれませんが、まあ、私が何か言う事じゃないですね。よく知らないし。ここの「11月17日」のところに以下のような記述あり。


ちなみに中原昌也と石田衣良の抗争はさらにくだらない理由が出発点。中原くんは意外と持続力のあるタイプなので、《en-Taxi》の連載小説でもまだ流行作家の石平をいじめてます。石平の代表作「沼袋ジュラシックパーク」のあらすじが詳細に綴られる最新号は必見。

蛇足ですが「石平→いしだいら→石田衣良」。

ええと、やや脱線したので本筋に戻します。

政治的なアレコレとかは、まあよくわからんので置いておきます(←オイオイ!)。実際に入金があったのか、とかそういうことはわからんのでなんとも。ただ、公表された「メール」というものが某かの立証能力をもつようなものかどうか、については意見が言えます。バカジャネーノ?と。

なんであんなものが証拠になると思ってる(←思ってた...ではなく今も思っているらしい、しかも党ぐるみで)のか全く理解できないですよ。

で、唐突にこれを思い出しました。写真家ワタナベアニさんのintentional twinsです。

ええーと、わかりますよね?どういう写真なのか。ホントの双子じゃないですよ(笑)。うーんと、それで、何故この写真のことを思い出したのかというと何かを認識する際の「精度」について考えたからなんですよ。

何かと何かが同じであると判断するときに、どの程度まで「精度」を高くしているか、どの程度まで細かく認識しているか、で全然変わってくるというか。単純にいうと「堀江メール」を「証拠だ!」と言っている人達は電子メールについてものすごく大雑把で精度の低い認識しか持っていないってことです。

一方ワタナベアニさんは写真について(少なくとも私から見れば)ものすごく精度の高い基準で見ている、そういう認識を持っているってことです。そうじゃないとこういう合成はできない。私なんかがやったら大昔の特撮映画みたいな合成になってしまう。色温度とか写真とるのにカンケーナクネープロウゼー?とか思ってたくらいだし。

判断する人間よりも偽造したりする人間の認識精度が上だと、真贋の認定は出来ないと考えて良いと思います。たとえばワタナベアニさんがこういう「双子写真」合成ではなく、単にその場にいない人(しかもいたかどうかはその撮影場所にいた人にしかわからないような普通の人)を合成した写真を作った場合、まったく真贋については判断できなくなります。つまりその場には本来いなかったオジサンを合成した写真を作るとかした場合です。

ただそれだとあまりにも完璧にわからないから、やってもあんまり意味はないでしょうけど。

で、翻って「堀江メール」な人々ですけど...別に珍しい存在でもない気もします。私も日常的に見かけている気がするし。昨年の朝日vs.NHKでもよく見かけたし。今回はさすがに朝日新聞も早々に匙を投げたみたいですけど。

それにしても不思議なのは朝日vs.NHKで朝日擁護にまわってた人々(朝日を含む)や今回の堀江メールで民主党支持にまわっている人々(民主党本体を含む)のロジックです。

なんでしょうね、私の感想を藤子F不二雄作品でいえばこんな感じ。

kotoba

結局今回の件もドロ沼をはいずりまわるような感じでウヤムヤになるんですかね。

と、いう話を書いたあとにナニですが、ここから先は私信的TB用です(笑?)。一個前の私の記事へのover40さんのTBに関してヒトコト言いたい。


このことそのものを指しているのでしたらまさに「どういうキーワードでググったんだろ?」とも思いますが、まあ、この話題を初めて知った者に言われたくはないですね。

ええ、ですからそういう「疑問は当然かも知れません」と書いてますよ私は。初めて知った人でも誰でもその点からの批判は正当だと思います。いいかげんにググってテケトーな感想を書きましたから。ただそれと「すでに何回も議論されてるんですけど」は結びつかないですよね?っていうのが前回の主張です。言葉は通じるのに話が通じないという...

|

« 第三者トラックバック | Main | PV数をローソクで表す »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 堀江メールと精度:

» 堀江送金メールの真贋 元祖・流失メール暴露ジャーナリスト(笑)の検証 [=田中県政追撃コラム&取材メモ=]
こういう話題なら私の出番です。元祖・流失メール暴露ジャーナリスト(笑)としてひと言いわせてください。皆が言っているようなことをいってもしょうがないので、別角度からのざっくりした感想を書いてみたい。この種の話題はネットな人たちの絶好のオカズだ。あーだこうだと...... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 07:27 PM

« 第三者トラックバック | Main | PV数をローソクで表す »