« pythonとかいう、何だか判らないが素人が使うくさいソフト | Main | iTMSアフィリエイトの記事が難解すぎる件 »

ネット上のラジオとかテレビとか

あとで参照しやすいようにまとめておくかな...。

TBSラジオのWEB RADIO
http://www.tbs.co.jp/954/

ラジオ放送のダイジェスト版みたい。伊集院光の「深夜の馬鹿力」は相当狂っててオモロイ。「呼ばれて飛び出て腐敗臭〜」とか意味は全くないけどスゴイ。若手芸人の人が全くついて行けてないのも味ではあるし。「番組スタートから今まで男女の聴取者比はほぼ100:0!」というのはダテではない感じ。

SEGA linkのPodcast de link(ポデリンク)
http://podcast.segalink.jp/

WinXPマシンを持っていないこともあってどうしてもSEGA linkを利用できなかったので、これは嬉しい。ダイジェスト版なんだけど全く聴けないよりはかなりマシ。ただデジカメゾンドスズキで話されている写真話の写真を見られないのはちょっとアレだけど。

このポデリンクのコンテンツ(「眠らせナイツ!」「月いちトモコサン」)は昔のラジ@の優良コンテンツでもあるので、なんというか懐かしいというか続いているのが嬉しいというか。あんまりお金にもなっていないのだろうけど続けてくれていることに感謝というか。

「ポデリンクNow!」に関してはね...ウィラード大尉&カーツ大佐かよ!(←Nowしか合ってないからそれはない←うるせーバカ)などとは思いつつ、まあ、かなり長い目でみるべきだと思うであります!Tさんが折れたら全部なくなっちゃうからね。現時点でのツッコミは最大限控えるべし。この番組でSEGAlinkの宣伝をやるということでPodcastingが許可されてんのかもしれんし。あと過去の例からいってもTさんの番組の面白さは回を重ねたあとじゃないと出て来ないし。

まあ部外者から見てもそういう(微妙な)事情がほの見える中で「眠らせナイツ!」のシャクライさんが「やっとこれでMacユーザーの人も聴けるようになりましてですね〜あのー逆にもうSEGAlink入んなくても聴けちゃうぐらいなんですけど〜はははは」とか空気読まずに発言しちゃって水口画伯がいつものようにフォローしてますけどね(笑)。

タワーレコードのi-Radio
http://www.i-radio.fm/

AKこと柿原朱美さんのを聴いてます。私の視点から見るとちょっと時空が歪んでるけど、まあそれもあって興味深い。AKさんが「実に良い話だ〜元気づけられた〜アリガトウ!」とリアクションしているリスナーのメールが私に取ってはかなりアレな内容に思えたりするので、まあアレです。平和主義者なのでハッキリは書きませんけど。

あとは林剛&ChieのEBONY EYESも聴くなあ。このお二人の関係がいまだによくわからないのですけどね。師匠と弟子?HOBBY JAPANで言えばMAX渡辺と大越友恵みたいな関係でしょうか(←シラネーヨ!)。

読売新聞のG+
http://www.yomiuri.co.jp/stream/index.htm

ジータスと発音するみたいなんですけどね。最近模様替えしたようです。私はテレビをほとんど見ない生活をしているので、たとえば話題のレイザーラモンHGとかも動いているのを見た事なかったんですけど、これのお陰で見られました。流行語大賞かなんかのニュースで。

なんでしょうね、レイザーラモンHGさんを初めてみた感想は「なんか体操のお兄さんみたいだ」というものでしたけど。お笑い芸人というのとはちょっと種類の違う人間に見えましたけどね。よくわかりませんが。

デジオのデジオ女学院
http://www.kogu.cn/

言及するのに神経を使いますわ。褒める以外の言及を禁止しているので(笑)。デジオは最初色々聴いてみたのですけど結局この番組だけ聴くようになりました。伊藤ガビン先生の「デジオ時評」すら聴かなくなったなあ。伊藤ガビン先生に関しては内容云々ではなくて、更新が不定期すぎるのが聴かなくなった原因ですね。

というか、私は北田暁大先生のシニシズムがアイロニスムでロマン主義がどーの(←理解してなさすぎだろ!←うるせーバカ!)な「ナンシー関」リスペクトに対抗して「伊藤ガビン」的なるものを提唱したい気がしてるのですけどね。いや、気がしているだけで何かする予定はないですが。

ちなみにデジオ女学院のコグさんにとっての初著書らしい「1円も儲からずにTシャツを作る方法(以下略)」は札幌ではビックカメラに売ってました。平積みでした。

内容はアレです。ぶっちゃけコグさんの内輪ネタ本というか、上で言及した北田先生のアレでいうと「ヘンタイよいこ新聞」とか「ビックリハウス」とか「元気が出るテレビ」とか的な「ギョーカイ」なアレです。アレアレ言っててフランス人みたいですけど。オーララ。

なんつーか私は「GOMES」とかをいまだに捨てずに取っておいている人間なのでタナカカツキさんとかあたりの「ギョーカイ」的なアレは興味を持って読めるクチですけど、今の時代それで大丈夫なんかいな?とはちょっと他人ごとながらアレだったりします。アレアレって長州力かよ。

「ニンニンちくび」の「天の穿ち」
http://2219.jp/

ワタナベアニさんの番組。これも起源はラジ@です。ラジ@って偉大だったよなー。ワタナベアニさんはポデリンクの「デジカメゾンドスズキ」にも出演してます。ヤギさんが出演し始めたときにはどうなっちゃうんだろう?と思いましたが回を重ねるごとにオモロクというか噛み合うようになってきてます。

photographica」という雑誌に写真についての連載もなさっている模様。要らない写真を切り貼りしてそれをさらに写真に撮るというADAD(アナログ→デジタル→アナログ→デジタル)というネタを書いてました。

ワタナベアニさんの写真は私にとってはすごく不思議だったりします。どう不思議なのかは書きませんけど(←エエーッ!)。

それと「ニンニンちくび」には犬山犬子さんの番組もある模様。上で言及した水口画伯の「カオスだもんね!」1巻のp.33に「サービスTIME」カットで出てます。「ナイスすぎー」とかいう感じで。・・・いや、だから何ってこともないんですけどね。

inuyama


とりあえずそんな感じ。

|

« pythonとかいう、何だか判らないが素人が使うくさいソフト | Main | iTMSアフィリエイトの記事が難解すぎる件 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ネット上のラジオとかテレビとか:

« pythonとかいう、何だか判らないが素人が使うくさいソフト | Main | iTMSアフィリエイトの記事が難解すぎる件 »