« 内田式論法ネタの後始末(3) | Main | 低価格万年筆が入手しにくい件 »

歯医者に行ったら番付表をもらった件

歯医者に行ったら番付表を貰った。なんとなく無限不可能性ドライブが駆動していた気配があるのだが、どうか。そもそもハヤシライスを食べてただけで下奥歯の詰め物が外れて、上奥歯が欠けるって凄すぎるし。

なんか知らんけどこちらの関係者だったらしい。北天佑が親方やってるところなのか。札幌出身者の所属力士が多いね。ふーん...。

あと情報がちょっと古いのかな?白露山の目標が「関取目指して頑張ります」なんですけど、もうなってるよね?相撲はあんまり良く知らないのでアレだけど。

っつーか番付みるとホントに日本人以外の力士が目につくねえ。モンゴルが多いな。あとロシアもいるね。グルジアとかブルガリアとか。エストニアとかもいるのか。チェコもか。すげえな。

下位の方をみていくとトンガがチラホラいるなあ。あとブラジルもチラホラ。カザフスタンなんてのもある。ふーん。でもハワイとかの力士はもういないんだね。変なの。

あ、でも昔人気があったらしい「大鵬」なんて人はここを見ると国籍はともかく出自的にはアレだったりするみたいですけどね。


ロシア革命後に樺太へ亡命した白系ロシア人のコサック騎兵隊将校の三男、貴闘力の岳父、天津灘の義弟(後に解消)。終戦で母や兄弟と共に樺太からの最後の引き揚げ船に乗船を許され、母の故郷である北海道に辿り着いた。弟子屈高校の定時制に通いながら弟子屈営林署で働いていたが、昭和31年 7月に二所ノ関の一行が訓子府へ巡業に来た時に元 二所ノ関部屋の紅葉山に紹介され、中途退学して入門した。

ええと、白系ロシア人ていうのは赤じゃないロシア人って意味で、色が白いかどうかじゃないらしいですな。ってそんなの皆知ってるか...。このお父さんって方はロシア人っていうかウクライナ人でしたっけ?

ま、どーでもいーといえばどーでもいーが。

|

« 内田式論法ネタの後始末(3) | Main | 低価格万年筆が入手しにくい件 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歯医者に行ったら番付表をもらった件:

« 内田式論法ネタの後始末(3) | Main | 低価格万年筆が入手しにくい件 »