« オタカル戦争(予定)に備えて | Main | 力いっぱい釣られてみるかな »

歴史家とはどんなヒトか

kurage

色々考えたのですが、結局マジレス気味に返答することにしました。id:amiyoshidaさんのここからのTBに対してなんですけど。

ええとまずid:amiyoshidaさんの主張は基本的に


だー誤解だ!

というものなのですが、そうかなあ。別に誤解はしていないと思うのですけど。意見の相違があるだけで。

たとえば「誤解されているのでひとついっておけば」として以下のような記述があります。


また、ネタに補足する格好になって野暮になるのでこういのはあまりしたくないが、誤解されているのでひとついっておけば、歴史からもみ消すというのは三代目罵留菩羅氏のキャラ特性(ネット歴史研究家としての側面)を言い当てているだけである。そこに他意はない。他意など生まれるはずもなし。

「歴史からもみ消す」というのが「歴史研究家としての側面」に焦点を当てたばるぼら氏についてのネタなのだ・・・というのがid:amiyoshidaさんの発言の意図だという点に関しては私もその通り受け取っています。この点では誤解はないと思います。

で、それなのに「誤解だ!」と言われるのは、解釈ではなくて意見(認識?)の相違のせいではないかな、と。「歴史(研究)家」をどういうヒトと考えているか、というあたりがその相違点かな。

kurages

id:amiyoshidaさんは「優れた歴史家とは特定の事象を『歴史からもみ消す』ことができる存在だ」と考えているように見えます。だからこそ「ばるぼら氏は優れた歴史家だ」という内容を伝えるためにああいう表現をしたのでしょう。

ですが、歴史(研究)家というものは事象を「歴史からもみ消」そうとは欲しませんし、むしろその逆で、権力者や声の大きな人々の都合で「歴史からもみ消」された事象を発見して掬い上げたり、再び光を当てたりすることの方を志向します。

たとえばばるぼら氏の「教科書に載らない(ry」なんてまさにそういう仕事だったじゃないですか。公的に記録されるであろうインターネットの歴史からは(意図的ではないかもしれないけど)無視されたり無かったことにされそうな事象を克明に記録してそれらに焦点をあてた歴史を語っているわけで。

だから歴史家として優れているというのは、事象を歴史に記載するときの取捨選択の権利によって他者に優越する権力を持っていること、都合の良い歴史を作ることができる能力を有していることではなくて、誰もが見過ごすような瑣末な事象を根気よく積み重ねて、不可視となっていた事象を新しい文脈の中に可視化する能力が高いことなんだと思います。

歴史を「正しく」語る際に注意すべきというか取るべき姿勢というのはこういうものなはずです。

そしてこう考えると、やはり気がかりにはなるんですよ。些末なことにマジレスして拘泥するようですけど。オタカル抗争史を語る姿勢は実際にはどうだったんだろう、とか。良い歴史家の基準が(ネタなのはわかっているけど)「歴史からもみ消す」権力の有無とか不用意に発言してしまうと「正しい」歴史語りをしていないと誤解されるのでは?とか。とかとか。

ま、でも


蚤の心臓ではネットなんかやってられませんのでご心配なく。図々しさと大胆さと緻密さがなくてはこんなリアクションの多いメディアでの活動は精神衛生上きつすぎて無理ですからね。

とあるので、すべては計算尽なのかもしれませんね。グダグダ言ってないで8日の発売日を待つのが吉なんでしょう。ちなみに札幌は外地なので入手できるのは良くて10日以降と思われます(萎)。アマゾンも信用できないらしいしなあ。

yuhi

ええと、あと特に意味も他意もありませんけど以下になんとなくボードリヤール著「オタカル戦争は起こらなかった」(←!)から引用してメモっておきますね。

メモ1


軍事的な出来事の記号が山と積まれて、戦争が起こるにちがいないと思われている時点で、戦争の不可能性を示すことは、バカげた賭けである。しかし、そのような賭けのための機会を逃すことは、もっとバカげている。

メモ2

数週間前から潜在的であったオタカル戦争は、始まらなかったことがらが、けっきょく起こることもなく終わりをむかえるという一般則にしたがって、最終段階に入ろうとしている。あらかじめ終わってしまったとも言えるし、いつ終わるとも知れないとも言えるという、この戦争の性格は、その深刻な決定不能性に由来している。長期的な決定不能性の結果としての戦争。潜在的なものは、潜在的なものによって受け継がれる---事故の場合はべつだ。現実中への他者の侵入にほかならない。だが、誰も他者についての話など聞きたがらない。けっきょく、戦争についての決定をくだせない状況は、他者性と原初の敵意と真の敵の消滅にもとづいている。戦争は独身者の機械となったのだ。

メモ3

戦場のイメージではなくて、仮面の、歪められ、あるいは視線を失った顔のイメージ---変造されたイメージ。オタカル地域で起こっているのは、戦争ではない。世界の醜悪化だ。

メモ4

不満は、知的誘導装置のないミサイルのようなものだ。標的にはけっして当たらず、ところかまわず自爆するか、真空中に見失われ、予測不可能な軌道上を廃棄物として永遠に周回しつづける。

メモ5

だから不満は、精度の悪いミサイル以上のものではない。行く先もはっきりせず、獲物をもとめて飛びまわり、あらゆる疑似餌に食いつく---不満自体が疑似餌なのだ。じっさい、不満は周辺の空間を乱射するが、たいていの場合、何の結果ももたらさない。的をしぼった愚痴や不満は、標的を限定したミサイルとおなじで、じつはどこに届くかわからない。たぶん、どこかに届くことではなくて、ミサイルとして発射されること自体が、本質的任務なのだ。

さて、どうなりますかね。

|

« オタカル戦争(予定)に備えて | Main | 力いっぱい釣られてみるかな »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51548/5294982

Listed below are links to weblogs that reference 歴史家とはどんなヒトか:

» [違う]優れた歴史家とは特定の事象を『歴史からもみ消す』ことができる存在 [オレたちモヒカン族@吉田阿観男]
http://ccoe.cocolog-nifty.com/news/2005/08/post_e49c.html こんばんわモヒカン人格の吉田阿観男です。今日も質問に答えちゃうよ。だって、むこうにコメント欄がないんだものというか、ここのコメント欄は御開帳!パッカーン!ですよ!!!!! 「優れた歴史家とは特定の事象を『歴史からもみ消す』ことができる存在だ」と考えているように見えます。だからこそ「ばるぼら氏は優れた歴史家だ」という内容を伝えるためにああいう表現をしたのでしょう。 ですが、歴史(研究)... [Read More]

Tracked on August 03, 2005 at 09:14 PM

« オタカル戦争(予定)に備えて | Main | 力いっぱい釣られてみるかな »