« 「すばる」9月号が実はネット文学特集な件について | Main | 「のだめカンタービレ」って学研まんがひみつシリーズっぽくね? »

駒大苫小牧(通称:コマトマ)事件

・・・について書く予定(←こればっかだなっ!)。

・・・と書いてからずっと放置。そのうち月まで変わってしまいました。ダメすぎる。9月1日になってしまいましたが、一応このネタでなんか書いておきますね(←まじでダメだな!)。

ええと、最初に書き始めた時点では事件はこんな感じだったんですね。


57年ぶりに夏の高校野球連覇を達成した駒大苫小牧高校(北海道苫小牧市)の野球部長(27)による部員への暴力問題で、部長が篠原勝昌校長と香田誉士史監督(34)とともに札幌市内で26日、部員親子にあらためて謝罪、和解した。

で、そのあと結局高野連からはほとんどオトガメ無しみたいな結論が出たんですよね。なんとか委員会から(←「なんとか」て!)。

うーんと、なんか当初「優勝旗返還だろ!」みたいな意見がネットでも多く見られて私なんかは「へ?」という感じでしたので、まあ、こういう結果になっても別に驚かないというか、寧ろ「そんなもんじゃね?」ってものでした。

まあ、なんにせよ、事件としてはほとんど幕も引かれた感じなので、っていうか、旬を逃し過ぎっていうか、そういう感じなので、なんでしょうね、事件そのものっていうよりも、「優勝旗返還だろ!」とかいう意見になんで私が違和感を覚えたのか、とかそんなあたりでもグダグダ語ってみますか。

そんで、まず関係ない話から(←オイオイオイ!)。銀河高原ビールが無くなるっていうか、事業が清算されるっていうニュースが流れたのは御存知でしょうか。今月25日のニュースですかね。


木造注文住宅の東日本ハウスは25日、子会社でビール製造の銀河高原ビール(東京・中央)を清算し、ビール事業から撤退すると発表した。ビール事業は大手との競争激化で業績不振が続いており今後も採算確保はできないと判断。本業の住宅事業に経営資源を集中する。

青い瓶に入ったビールですな。公式ページもあるみたい。そんでここの目玉といえばヴァイツェン。生きている酵母使用とかで、賞味期限が2ヶ月半しかありまへん。でもウマー。

ま、商売として難しかったというのはよくわかるのですが、なんかですね、このニュースに対する反応としてネットで、っていうかまあぶっちゃけ2ちゃんねるなんですけどね、見たら「まずい」って書いている人がたくさんいるんですよ。

なんていうのかな、「物足りない」とか「あっさりしすぎ」とか「こんなの(自分にとっては)ビールじゃない」とかそういう文言で否定するのならわかるのですけど、「まずい」ってのはよくわからん。なんというか「まずい」という結論に至るまでのロジックがわからんのですよ。

で、話を戻しますと「優勝旗を返還しる!」とか主張してた人々の意見も同様にロジックがわからんのですよ、私には。

うーんと、このコマトマ事件の場合、少なくとも三つの主体というか行為体というか対象というかなんというか、まあ面倒なのでとりあえず主体と言っておきますけど、そういうものがあるように見える。

そんで、それは「優勝した主体」「不祥事を起こした主体」「処罰の対象となる主体」の三つです。

一番簡単な、というか何も考えずに当てはめると

「優勝した主体」=コマトマ
「不祥事を起こした主体」=コマトマ
「処罰の対象となる主体」=コマトマ

となります。もしかしたら「優勝旗を返還しる!」っていうのもこの構図から出てくる意見なのかもしれません。優勝したコマトマは実は不祥事を起こしたコマトマであるので、処罰の対象であるコマトマなわけで、優勝取り消し&優勝旗返還しる!ってとこでしょうか。

だけどこれだとなんかオカシイ。コマトマが起こした不祥事が不祥事であるのは、それが「加害者が被害者をボコった」からで、この加害者=コマトマでなければいけないわけですよ。

というか被害者=非コマトマっつーか、被害者=コマトマにとっての他者(たとえばコマトマが他校の生徒とかをボコったとか)ならすっきりとカタがつくのですけど、被害者もコマトマなわけですよ。

「不祥事を起こした主体」のコマトマは「不祥事の加害者であるコマトマ」であることは間違いないんですけど、「不祥事の被害者もコマトマ」であるわけで。そうすると不祥事がコマトマからコマトマへの暴力事件ってことになって、なんつーか、それは事件なの?ってことになってしまう。

高野連の判断っていうのは大枠こういう判断なのかなーとか思わなくもない。コマトマが起こした不祥事というのは原則存在しないというか。

ま、書いてて私自身よくわからなくなってきているというか、もうどーでもいーというか(←ダメじゃん)。

で、アレですよ、私の感覚だと主体=コマトマはちょっと違う感じがします。

「優勝した主体」=コマトマ野球部の選手
「不祥事を起こした主体」=コマトマ野球部部長
「処罰の対象となる主体」=コマトマ野球部部長

ってのが「優勝旗返還?ハァ?」派の意見ですかね。私も大体これに近いかな。そして不祥事の加害者がコマトマ野球部部長で被害者がコマトマ野球部部員なわけですから、これは加害者と被害者が異なるので不祥事は成立しますしね。

この場合でも「優勝旗の返還」という処罰が下されると被害者が更に被害を受けるという、やっぱり矛盾した結果になってしまう。だからこの考え方だと「優勝旗返還」はありえないことになります。

ただ、まあ、もっと色々細かく考えるべきなんでしょうけどね。コマトマ野球部の選手といっても試合で優勝を勝ち取った子と被害を受けたと言っている子は別なわけだし。被害を受けたと言っている子が退部してたり退学してたりすると、また色々条件は違ってくるだろうし。

っつーか、もうこの問題はね、済んでるのでアレなんですけど。二三補足。

ええと、ぶっちゃけ、高野連の人の話にもあったと思うのですけど、指導者の不祥事(しかも部員への暴行みたいな)を処罰というか裁く規定がない、って言ってましたよね。たぶんそうなんだろうな。っつーか以前だったら(←どのくらい以前かちとわからんけど)暴行してても指導者が部員に行っているものについては暴行とか不祥事って捉えなかったんでしょうね。それはあくまで体罰とかストレス発散とか怒りにまかせてとかそういう類いのものであったとしても、それらはすべて指導ということになって、なんつーか不祥事とは成り得なかったと。

だから今回のようなケースはやっぱり想定外というか近年になって問題化されたんじゃないのかねーとか思う。

で、二三補足と書いて一個しかあげてないけど、まーアレだ。とりあえずこんなとこで。っていうか野球が特別視されている件とか、全校応援って基本的に野球のときだけだよなな件とか、ブラスバンド部は炎天下のもと音楽的にはなんのプラスにもならないバカ演奏させられているにも関わらず、野球部員が演奏会に来る事はない件とか、メジャースポーツやってるヤツは(ry...とか色々思うところはあるが、また別の機会に書きます。

では。

|

« 「すばる」9月号が実はネット文学特集な件について | Main | 「のだめカンタービレ」って学研まんがひみつシリーズっぽくね? »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 駒大苫小牧(通称:コマトマ)事件:

« 「すばる」9月号が実はネット文学特集な件について | Main | 「のだめカンタービレ」って学研まんがひみつシリーズっぽくね? »