« アルバートアイラーを聴いた | Main | RSSについて空想してみる(2) »

RSSについて空想してみる(1)

よくわからないので想像で色々書いてみる。別にネタじゃなくてマジでわからんからなんですけどね。

というか私は心正しい古典的Macユーザなのでマニュアルやら解説やらReadMeやらを熟読することは恥とさえ思っている(←!)わけで、何も考えずに適当に弄ってそれなりの知見を得たいな、と(←バカ)。

ええと、まずは理屈はわからなくともトリアエズ(←今回頻出が予定されている語)必要なのでリーダーソフトについてあれこれ語ってみますわ。

で、トリアエズ今使ってみているのはPulpFictionというヤツです。

Freshly Squeezed Softwareというところが作っているようです。有料版と無料のLite版があるみたい。トリアエズLite版を試用してます。私はMacUpdateからダウンロードしました。

で、このソフトについてはちょっと古いんですけどこちらの記事を参考にしました。主な特徴は...

1. フラッグ機能
2. 検索機能
3. ビルトインブラウザ
4. カスタムスタイルシート
5. フィルター機能
6. ラベル機能
7. Mailと似た操作感
8. 記事をソフトに蓄積する点
9. 記事のバックアップが可能

...と書いてありますね。どうやらこの方の記事を含め色々見て回ったところによるとNetNewsWireというRSSリーダがもっとも普及しているようです。で、PulpFictionはそれらが新たに実装した機能を先取りしていたとか。ちなみにNetNewsWireには無料版は無いようです(←訂正:「あるよ!」という指摘をいただきました。ここの一番下にあったんですね...)。

ええと、上で列挙した特徴なんですけど私は現段階では1〜6の利点というのはよくわかってません。というか全然わかってませんのでなんとも評価できないです。7のMacOSXに標準装備されているメールソフトMailと操作が似ている、という点なんですが私的には(もし本当にそっくりだったら)かなりの減点ポイントなんですけど、悪い方向で似ているわけではなかったのであんまり気になりませんでした。

うーんと、Mailというソフトに限らないんですけど、ウィンドウのサイドに勝手にサブウィンドウみたいなのが出てくる設計のものってMacOSXには多いのですけど、これが激しく気持ち悪いのですよ。私は。でもPulpFictionの場合は別に勝手に飛び出してくるわけではないので、気になりませんです。・・・ってわかりにくいか。

8と9はまあ同じといえば同じ機能に由来するものですな。気になった記事だけ取っておくとか後で読むために保存しておけるのは良いような気がします。RSSリーダでブログ記事を読み飛ばして行く習慣がつくと、なんというかどんどん新しい情報をチラ見するだけで終わってしまうし、それに適した記事やブログばかりを読むようになってしまう(←繰り返された話らしいけど情報のフロー面ばっかりが強化されストックの部分がおざなりになってしまう)ので、流れを変える効能もあるかもなあ、とか思ったり。

読み飛ばし難い記事、っていうのは単に長文の場合だけではなくて、あまりよく知らない分野ではあるがなんとなく興味を惹かれるネタの場合(←周辺の事柄を調べるのに時間がかかる)とか、私の場合なんかだと英語で書かれている記事とか(←読むのに時間がかかる:笑)、揉め事の渦中にある記事とか(←下手に絡むと大変なことになるので)色々想定できます。

で、(「スローブログ宣言」は読んでないのでアレですけど)ブログのスローブログ化には必要な機能かな、とかなんとなく思います。

どこかでヴィリリオが書いてた気がするのですけど、民主主義における意思決定というのは時間をかけなければダメだそうで。即断即決というのは非常に危険であると。高速で流れて行く情報に反応するには思考じゃなくて感覚というか感情に頼らざるを得ず、そうなると意思決定が感情的なものになってしまうわけで。それだと人間じゃなくて動物になってしまうわけで。

と、いうわけで(←?)民主主義的人間が使うRSSリーダには記事蓄積機能は必須かな、と。

そんで話は変わりますけど、PulpFiction以外のRSSリーダとしては「パラボナミニ」「RSSBrowser」「Ensemble」の三つをチラ見してみました。

パラボナミニはこちらを御参照ください。フリーウェアです。

なぜか「いわゆるRSSリーダーとかアンテナと言われるツールに近いです」と作者が説明なさっているので「厳密にはRSSリーダーではない」という認識なのかもしれません。「近い」ってことはそういうことですよね。良く似ているけど違うってことで。

ええと、すごくシンプルです。ティッカーモードというのがあるのでニュースブログだけを登録してニュース記事ヘッドラインをデスクトップ上で流し見する... という使い方もできるのかな、とか思います。

RSSBrowserはこちらの「ダウンロード」の筆頭にあります。こちらもフリーソフトです。予めRSS配信している国内のニュースサイトが登録されているのでニュースの流し読みにRSSリーダを使う予定の利用者は手間が大幅に省けるかもです。

あんまり色々弄っていないので評価は下せないのですけど、色々親切っぽいです。RSS配信しているサイトを登録する方法とかについてのヘルプも充実しているみたいだし。

っていうか「2ちゃんねる」ってスレ内容をRSS配信してる(又は「してた」)のですか?興味深いのですが、今のところ全然よくわかってません。なんとなくですがかなり多機能っぽい。万人受けするソフトなんじゃないかなあ、という気がします。

で、最後に「Ensemble」。こちらで入手出来ます。解説もアリ。フリーウェアです。

ええと、ダウンロードはしてきたものの、まだ全く使ってません。なのでソフトではなく説明をチラ見した感想なんですけど、後発なので従来のソフトには無い機能があるっぽいです。そうした目玉機能のうち最大のものがコメント欄読み取り機能みたいです。

ケンカ好きブロガーなら垂涎の機能ではないでしょうかね。誰よりも早く「炎上」を察知できるわけで...というネガティブ(←?)な使い道だけではなくて、確かにコメント欄のこともわかった方が便利ではありますよね。

私の現在の目論みとしては、トリアエズ一通りPulpFictionの機能というか使い方に習熟したらEnsembleも使い込んでみようかな、とか考えてます。

ああ、あとRSSの仕組みについての現時点での私の知見(?)をメモっておきますね。

===================================
記事の途中ですが、ここからあとの部分を
切り離して訂正&補足を加えて次回記事に
します。SGMLとXTMLを勘違いしてた(恥)
===================================

|

« アルバートアイラーを聴いた | Main | RSSについて空想してみる(2) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RSSについて空想してみる(1):

« アルバートアイラーを聴いた | Main | RSSについて空想してみる(2) »