« RSSについて空想してみる(1) | Main | オタカル戦争(予定)に備えて »

RSSについて空想してみる(2)

前回、いくら空想とはいえ恥ずかしすぎる間違いをしていたので、その部分を削除してこっちに移しつつ、書き直してみます。

ええと、何を間違ったのかと言いますと、SGMLとXTMLを間違ったのでございますよ。まあ私もアホかもしれないけどやっぱりマイクロソフトが悪い(←!)のだと思う(キッパリ)。

以下、RSSとかRDFとかATOMとかについて前回書いた内容を基本的にはコピペしつつ、空想部分を微妙にウラ取りして詰めた内容に訂正してみたりなんかしちゃったりしてみます。

以下コピペ(といいつつオリジナルは削除しているのだから...むにゃむにゃ)。

======
RSSにまつわる言葉でよく目にするのが「RDF」「XML」「ATOM」などです。と、いうか基本概念であるらしい「feed」がそもそもわかってないのでアレなんですけどね。

ブログをRSSリーダに登録する際には「feed」を配信しているURLを記入しないといけないようです。これは各ブログ記事と関連づけされたfeed配信用URLを登録するってことですね。どうも多くの場合それは


ブログURL/index.rdf

という感じのようです。主なブログサービスでいうと...

ココログのURL/index.rdf
「はてな」のURL/rss
ExciteのURL/index.xml
LivedoorのURL/index.rdf

...って感じですかね。どうも「index.rdf」というのが標準的な模様です。ブログツールによって違うのかな、という気がします。「はてな」はかなり独自のものだし。英語圏のものをみても「rss」だけというのは珍しいのではないかしらん。「rss.xml」というのは見かけましたけど。

ブログサービスではないですけど例えば


渦状言論/index.rdf
内田樹の研究室/index.rdf
中島ひな的ブログ/index.rdf

ですね。みんなindex.rdf。というか、現時点での私の空想によるとRSSに二種類あってそれがRDFとATOMなんじゃなかろうかと。で、RDF(方式?)の場合には index.rdf だと。そんでATOM(方式?)の場合には atom.xml だと。

で、RDFとATOMの区別はどうなっているのかわからんのですけど(←という以前にそもそも両者の定義がわかってない)ATOMの方が後発なんじゃないですかね。だからATOMの方はみんなatom.xmlで統一されている。

RDFの方は色々な解釈やら方式やらがゴチャゴチャあって、一応 index.rdf が標準なんだけど index.xml とかもあると。で、更に独自というか勝手にやってるところは rss.xml とかになっていると。でも「はてな」とかの拡張子のないタイプとかってのは何なんでしょうね。よくわからん。

そんで、index.rdf とか index.xml とかのRDFや atom.xml とかのATOMの実体(?)というのはXMLというマークアップ言語で記述されたファイルなんじゃないかと空想してみているのですがどうなんですかね。

マークアップ言語って大元の規格がSGMLで、HTMLとかXMLっていうのはそれの下位規格というかそういうものなんですよね?きっと。違うのかな。違うかもしれんなー。

と、いうところで長くなったので、トリアエズこんなところで。っつーかindex.rdfとかのソース(?)を直接読んでみりゃいいだけなんだよなー。まんどくせーけど。
=======ここまで。

あ、冷静になって読み返したらXTMLをSGMLって直す以外訂正はいらんかったのか...まあ、いいや。で、色々補足してみます。

SGMLでググったら、まあ色々ひかかってくるのですが、こちらとか詳しいのかな?・・・と目次だけみて思ったらフツーの人には見せてくれないのか。ケチーッ!(←コラコラ!)

ググり直してみるとSGML入門なんつーのがありますね。同じ方のXML入門ってのもあります。SGMLが規格でHTMLとかXMLはそのアプリケーション...ってことらしいですね。こちらなんかも参照すると。

私がSGMLって言葉を初めて聞いたのはコーパス関係でした。いわゆるタグ付きコーパスを作成する際にTEIとかココアとか色々タグの規格があって、なんかそういう話の中でSGMLについても語られていたんだと記憶してます。

で、最初私がSGMLと勘違いして書いたXTMLなんですけど、これはマイクロソフトの規格らしいです。吐き気がしますねっ!(←無理矢理同意を求めんなよ!)

こちらに出てます。


XTML: eXcel Table Markup Language/Microsot Excelのデータから迅速にHTMLのテーブルを作成するために設計された言語. Excelワークシートの書式も保存される.

XはEXCELのXかよ!でさ、これはSGMLとは関係がありそうでなさそうな例によって例のごときマイクロソフトの独自&紛らわしい規格なんでしょ!(←キメツケ)

こっちを見るとSGML/HTML/XML/XHTMLの関係がよくわかりますね。XHTMLはXTMLの誤記じゃないですよ。XMLに準拠したHTMLってことのようです。っつーかこうして見るとホントにマイクロソフトのXTMLって名前は最悪だと思うんですけど、どうよ?

で、上のコピペ部分でも触れてなかったんですけどRSSにはOPMLっていうのも出てきますね。Mが無いとガックリきた人のAA(←しかもちょっとデブ)みたいになりますけど。

でググってみたらここがひっかかって来ました。RDF以外はすべて短く解説してくれてますね。ふむ。略称をスペルアウトしたものだけでも引用列挙しておきますか。


RSS (RDF Site SummaryまたはRich Site SummaryまたはReally Simple Syndication)
Atom (Atom Syndication Format)
OPML (Outline Processior Markup Language)

ATOMはATOMのままだし(萎)。おや?RDFっていうのがRSSのRだったりする(説もある?)のか。ググってみるとここにこんな風に書いてますね。

Resource Description Framework
情報についての情報(メタデータ)の表現方法についての枠組み。RDFで記述される情報は書籍における図書カタログのようなもので、コンピュータが扱う情報の分類や検索などの自動化・効率化を図ることができる。Apple社によって提案されたMCFをNetscape Communications社が買い取り、XMLをベースとしたものに改良して標準化団体W3Cに提案した。1999年2月に正式な勧告となった。

むう、わかったようなわからんような。やっぱりXMLで書かれたソースを読むしかないんだろうな。ある程度ちゃんと理解するには。

ま、ボチボチやってみるか。

|

« RSSについて空想してみる(1) | Main | オタカル戦争(予定)に備えて »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51548/5241814

Listed below are links to weblogs that reference RSSについて空想してみる(2):

» SOA成功へのカギ(1) [平成維新への挑戦]
WebサービスとSOAの関係が多少、理解できてきたと思うが、さらに、そのSOA成功のカギを教えてくれそうな記事を見つけたので内容を一緒に見て行きたいと思う。TheKeystoSuccessfulSOAsSOA成功へのカギAligningbusinessandtechnologytoachieveenterprisegoals企業ゴールを達...... [Read More]

Tracked on August 01, 2005 at 07:05 AM

« RSSについて空想してみる(1) | Main | オタカル戦争(予定)に備えて »