« デジオモドキ | Main | バトンの重みについて »

このマークというか組織は

一体何?と思った。

えーと、「麻省工学院」「開放式課程網」ページの首頁=トップページなんですけど、こんななんですよ。

ええと、私はChina語は習ったことない上に、漢文漢籍も読まなくなって久しいのでアレですがロゼッタストーン方式(←!)で読み解くとこんな感じかな。

麻省工学院=MIT
開放式課程網=OpenCourseWare

・・・ってそのままやんか!どうやらMITのオープンコースウェアを台湾で現地の言葉にローカライズしているページらしい。日本でもこんなのが出来てて6つの大学でOCWをやってますね(旧帝大3つと東工大と早慶・・・むむむ!)。

本家MITのページはこんな感じなわけです。で、リンク先を見ていただくと一発ですけどなんかこんなことが書いてあります。


a free and open educational resource for faculty, students, and self-learners around the world. OCW supports MIT's mission to advance knowledge and education, and serve the world in the 21st century. It is true to MIT's values of excellence, innovation, and leadership.

MIT OCW:

* Is a publication of MIT course materials
* Does not require any registration
* Is not a degree-granting or certificate-granting activity
* Does not provide access to MIT faculty


なんでしょうね、隠さなくて良いことは全面的に情報公開していく・・・って感じなのかなあ。

で、話は戻るのですけど、最初に言及した台湾のページにはそのスポンサーとして変なのがバナーを貼っているんですよ。「奇幻文化芸術基金会」というやつです。なんかねー、変なマークがついてますなー、と思った。コレなんだろう?

ええと「奇幻」というのはファンタジーのことらしい気がします。どうなんですかね。だからこの基金会というのは「ファンタジー文化芸術基金会」というか「ファンタジー文化芸術財団」みたいなもんですかね。日本語にすると。

この団体の公式ページはここなんですけど、なんつーのでしょうねえ、なんか変。

約款?みたいなものを読んでも「奇幻文化芸術を振興する団体」というようなことしか書いてないようだし。というかどう見てもマジメな団体に見えないんですよね。

「奇幻戦争史」なんて項目があって何かと思えば活動履歴みたいなのがあるだけだし。「路西法地獄」とか地獄がどうしたとか書いているので何かと思えば「路西法=ルシファー」らしい。何かファンタジー(?)なアレなんだろうか。「唬爛聯合軍 奇幻世界大同盟啦!」とかいう掲示板みたいなのがあって、このルシファー地獄とかそういうのと並んでOCWの掲示板もあるようなんだけど、なんだかなー。

戦争史に「伊藤英明説話会」とかあるのがワケワカランすぎる。映画版「陰陽師」の話らしいのだが。

あと「星戦」というのはスターウォーズのことらしいのだが、その関連ページでこんなことしているし。これはどうみても「フュージョン」ではないか。全く理解できん。

あと「友邦」とかいうのがあって、このリンク集を見ると「要するにオタク?」って感じ。

MITのOCWを一体どういうものだと思って受容しているのだろう?と不思議に思ったのだが、あんまりまだよく見てないので全然わからんですわ。

で、黒字に赤い線で描かれている変なマークなんですけど、これには深い意味があるのかな?なんかフリーメーソンみたいなんだけど。

単なるオタクファンタジー図像として用いているのか、それとも何か微妙なホンキが含まれているのか・・・。

|

« デジオモドキ | Main | バトンの重みについて »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference このマークというか組織は:

« デジオモドキ | Main | バトンの重みについて »