« SEGA link 知らないものは探さない | Main | 心を持った機械 「ねね」プロジェクト »

ブログ界隈とか色々

ときどき過去を振り返ってチェックしないと色々とアレだ。

ざっと見渡した感じでいうと一方でユリイカ「ブログ作法」とその影響のような動向があり、またもう一方では五月病を拗らせるブロガが多発する感じもあったりする。こういうものなのかもしれないけど。

「ブログ作法」は「はてな」中心で編まれていた感じはありますが、そもそも「はてな」はブログなのか?という疑問もあります。で、そのあたりはスルーされているような。コダワッテもしかたないのかもしれないですけどね。

昨日イベント&パーティがあった模様。盛況だったのでしょうかね。


下記トークショーの予約状況が定員の80名にまだ達してないらしいと今朝のニューヨータタイムズ紙で読みました。こちらも、電話予約をぜひ……。

あれれ?もったいないなあ。もし私が東京近郊在住だったら絶対に行くのに。

っつーかユリイカの「ブログ作法」は一体どのくらい売れたのかなあ。この感じだと意外とダメだったりするのかなあ。でも売り上げ的にダメだったらそもそもこんなイベントやらないだろうし。麻布十番かあ。豆源・・・。

ところで以前つらつら拙ブログへリンクしてくださったブログなどを探索しておりましたらこのような記事を発見しまして、そんでその後たらたらと眺めておったのですよ。あ、この場で書くのもアレですが言及してくださってありがとうございます&お役に立てずすみません。

それはさておき。で、この方interrupted trainさんがユリイカについて書いている記事を見てたら


こんにちは。ワタクシがユリイカの原稿依頼を断った男です(わらい。

ひえーっ!カッコイイ(笑)。ユリイカなんて「今月の作品」ページにしか載ったことないですよ(ぷ)。「断りません勝つ(?)までは」(←自販機のまわりにオツリとか落ちてないかなーみたいな心境で)という標語を掲げている私などには眩しすぎます。

ところで


依頼メールを読んで、その内容ならオレより2万倍くらい面白いことを書けるひとのアテがあったのでそっちに振った

ってあるんですけど、これ誰ですかね。「はるぽら」氏なんだろうか。そういえば上記の「犬にかぶらせろ」さんがユリイカに書くかどうか微妙だけど書く事になって云々・・・っておっしゃっていた希ガス。「ブログ作法」では「ブログの書籍化」を担当された模様。あとこの記事の下の方に

* ユリイカ「ブログ作法」トークショー+パーティー
http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/20050423
* 『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』刊行記念ラジオ
http://blogdex.at.infoseek.co.jp/epilogue.html

っていうのがあるのでやっぱり関係があるのかな、とか。どーなんでしょーね(←知ってどうする!)。

っていうか、なんかほんと「はてな」ってわけわかんないんですよね。技術的にはスゴイのかもしれないけど。なんていうか・・・一見さんに厳しいというか。自分でやってみると色々わかるのかなあ。

で、上に引用&リンクした記事で「犬にかぶらせろ」さんも語っていますけど、最近ちょっと「終わり」感というか区切り感のあるといわれるブログ界隈ですけど、まあ、確かにそんな感じはあるかも。

たとえば小倉弁護士ブログの終焉(via ヲチャさん)とか。これを書いている現時点ではまだ存在してますけどね。


Hotwiredの特別企画として開設されてきたこのblogですが、Hotwired Japan 側のリニューアルに伴い、今月いっぱいで終了することとなりました。

いやいや、どー考えてもHotwired Japanが耐えきれなくなったからでしょうに。というか私はテッキリわざと(←集客などのため)やっているのかと思ってましたが。EFFの話まで引っ張りだして来てたんですね、末期は。

日本の卑怯系blogger(仮名で自らblogを開設することすらできない臆病系commentatorを含む。)と同じように振る舞うことは、EFFは勧めていない

とか書いてらっしゃるようで。すごいなあ。プロフィールを拝見すると1990年にEFFが設立された経緯とかサイバースペース独立宣言とかライブで経験というか見守って来ているはずなのに、なんかズレてる気がしますけど、どーなんでしょうね。一応ギリギリだけど The Grateful Dead とか聴いてたりする世代っぽくもあるのですけど(←世代・・・とは因果関係はあるけどあくまで傾向って程度だからなあ)。

ま、知ったこっちゃないか。っつーかこの方は五月病って感じじゃなくて別の病気を拗らせた感じだし。

ひどそうなのはこのヒトかなあ。あとこのヒトが言及しているこのヒトあたり。後者、梅田さんはこんな感じでボヤいているようです。


日本のBlogは、そちら(=専門家がシリアスな内容を書く方向)に向かっては進化していないように思える。残念ながら今のところ、僕の期待は裏切られたのだな、というのが正直な感想なのである。

それは確かにそうかも、とは思います。英語圏のブログを見てまず思うのは「ながっ!」ってことですからね。でも緩いのや短くてネタなものとかもあるようですけど。主流と傍流の関係が逆ってことですかね。

あと見ている分野によるのかもしれないし。もう少し様子をみないとダメではないか、と・・・私が思うまでもなくコメントやらトラックバックやらが付けられている模様。

あと前者のR30さんのにも不同意のコメントやらトラックバックやらがガンガン付けられてますね。ブログ界隈からは彼らの意見に対しては「否」と出ている模様です。っつーかR30氏はともかく梅田氏はなんか「はてな」関係の重要な役職に近頃就任されたはずのような。

何か大きく「はてな」を変えるのですかね。私はそもそも「はてな」外にいるのでよくわかりませんけど。どーなんでしょーねー(←書いている内容に飽きてきた兆候:笑)。

あー、なんかアレですよ、ちょっと色々思ったけどまとまらないのでこのへんで(←エエーッ!)。

あ、なんかオチなしで悪いので小ネタ情報つけときますね。JPSメンソール発売だとか。メンソール=緑って何かで決まっているんですかね。っつーかなんで今更JPSにメンソール?しかも位牌というか棺桶というか霊柩車というか、とにかく縁起の悪いデザインが売りなのに緑なんていれちゃったりしてさ。台無しだよっ!(はっ!しまった!これ地元ネタだった!)

|

« SEGA link 知らないものは探さない | Main | 心を持った機械 「ねね」プロジェクト »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブログ界隈とか色々:

« SEGA link 知らないものは探さない | Main | 心を持った機械 「ねね」プロジェクト »