« フタエ大統領の国周辺を理解できるかもしれない文庫本 | Main | ジャパニメーションは侮蔑語ってホント? »

ニセ吉井怜ブログ事件

エイプリルフールネタでも転がってないかとブログ界隈をつらつら眺めていたら・・・なんと!ココログのアイドル吉井怜様の偽サイト出現という事件があったくさい。

吉井怜さんといえば・・・実は私がココログでブログを始めたのは「れいちん」さんがやっておられたからというのが主たる理由だったのですっ!(←衝撃の告白)

なんせ普段は食べない(←だって臭いんだもん)カップ麺を「れいちん」DVD欲しさに二つも喰ったし。ちなみに射撃(←グアムの射撃場でカップ麺の作り方説明してた)はダメダメみたいでしたけど。超指導したいと思った。

あ〜でも良かったですよ、オマケDVD。収録映像の中で夕暮れが怖い気がする・・・と無邪気っぽく語っていた姿に闘病のこととか思ってホロっと来たりしましたわ。ギリギリの世界を見た人特有のアレかな、とか思って。

なんつーかなー「れいちん」ナメンナ!と言いたい。たとえばこの記事であっさり書いてるけどきっと傷ついていらっしゃったはずナリ!


なんてったって、「かなしーおもちゃ」をプレゼントしてくれた時、周りをキョロキョロしながら
「あれ~眞鍋かをりさんは~?」って言ってましたよねっ!(略)れいちんと目が合ったら、何事もなかったかのように「あっ!吉井さん、これ良かったら~」って!!(略)もしもーし!!
「今、名前間違えてたよね!?しかも、枡野さん!1度れいちんの前を素通りしたぞ!!笑」

「かなしーおもちゃ」の枡野さんはこちらで眞鍋さんと対談していますね。狙いはもともと眞鍋さんだったんでしょう。で、探したけどいなかったので次点(←キーッ!シツレイナリ!)の「れいちん」様に「あ、よかったら」みたいな感じで差し出したに違いない(←憶測)。だからこそ一度本人をスルーしたんでしょう。フザケンナ。

なんつーのかなーTBで「ハタチ過ぎてれいちんはねーだろ」みたいなイヂワルを言われても「れいちんはれいちんですよー」と応えていたのとかも超ステキだった。プロっぽい。

その「れいちん」様が「正直落ち込みました(;_;)」と書くぐらいなんだからニセモノの罪は重い。っつーことで、本題の偽サイト事件の方をチラっと追跡してみますか・・・

うは!ググったら3番手にいるよ。偽サイト。

吉井怜のページとか堂々と名乗りやがって!フテエヤロウだ!プロフィールの年齢とか


-1877歳 ( -1876歳の誕生日まで あと351日 )

って意味不明なこと書きやがって!ゴルァ!なんだコイツ周防玲子改めすほうれいこのページも作ってるぞ!「れい」で始まる名前なら誰でもいいんかいっ!きーっ!

とキレたのですが、よく見るとちゃんと非公式を名乗ってるし情報もきちんと整理して集めてあるし。あれ?マットウなファンサイトじゃんか。すんずれいしますた。

っつーか「れいちん」様は


ところで、ブログ内で「吉井怜」と名乗って、顔だけ合成した写真を載せて日記を書いていたり、ファンの方からのメールに返信をしていた方がいたらしいんです!

って書いているのでニセモノもブログなのか。うー、頭が沸騰しててちゃんと情報確認してなかった。いかんいかん。

うーん、つか、偽ブログが見つからない。ホリプロがもうとっくに手を打ったのかなあ。


例をあげると、
・「3月19日にキムチ鍋パーティーをした」という日記。
実際のれいちんは、夕方からネイルサロンに行って、その後は家に帰宅しました。

という記述があるので「キムチ鍋」を検索語に入れてみたらまたこんなのがひっかかってくるし。もうエーっちゅうねん(笑)。

うーん・・・なんかアメブロにちょっとアヤシイのがあったけど、アメブロ本体が午前9時までメンテみたいなんでよくわからん。でもこれは吉井怜文体を明示的にパロってるだけだな。


2004-11-07 16:59:57
キムチ鍋。辛くないと。
テーマ:吉井怜
★本日の夕飯★

 「キムチ鍋」でございまーす♪
スーパーへ買い物に行き、ひとまず一人分の野菜・・・ちょい割高だけど(>。<)

 そうそう、
 野菜高すぎ・・。

 貧乏人には
 辛い鍋シーズンでございます。

 (*^▽^*)ゞ マイッタマイッタ

 そして、
 キムチ鍋、
 やはり
 辛くないと・・ですね。

 (= ̄∇ ̄=)にぃ


うーむ。似てない気ガス

そんで結局見つからなかった・・・(←ダメスギ&ヤクタタズ)。「吉井怜 キムチ鍋 パーティー」でググってここがなぜか引っかかったんだけど、ってことは犯人のブログはBIGLOBEブログにあったけど削除されたってことかな?

なんだかシリキレな感じだなあ。ま、いいか。四月バカだし。

ええと、あんまりなので最後にエイプリルフールにちなんで「嘘」についてのちょっとイイ話。


ラッセルはある日、これまで嘘をついたことがあるかとムーアにたずねてみたことがある。ムーアはこたえた。「あるとも」。だがそれが最初で最後の嘘だったに違いないとラッセルは信じている。(p.80)

ちなみにラッセル=バートランド・ラッセル、ムーア=G・E・ムーアです。引用は『ポパーとウィトゲンシュタインとのあいだで交わされた世上名高い一〇分間の大激論の謎』から。

って「れいちん」様とカンケーナサスギ(笑?)。

追記:一応吉井怜さんブログのエントリについたTBを一通り見てみたんですけど、どうやら誰も話題になっている偽ブログを見ていないようですね。なんか変だな。通報したヒトは事務所に電話したらしいけど、なんで電話?あと吉井怜さん本人も「いたらしい」みたいなモダリティ表現をしているし。パラオの写真ってものについては自分の持ってない服だ、って書いてるから直に見ているようなんだけどな。

|

« フタエ大統領の国周辺を理解できるかもしれない文庫本 | Main | ジャパニメーションは侮蔑語ってホント? »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニセ吉井怜ブログ事件:

« フタエ大統領の国周辺を理解できるかもしれない文庫本 | Main | ジャパニメーションは侮蔑語ってホント? »