« マウントバッテン卿 | Main | 対WILLCOM戦 完全敗北 »

反日暴動についてのBBC論戦に日本人がほとんど参加してない件について

どーなの?押されてるんだけど。

こんな感じで。明らかに英語力の差で猛烈不利になってるみたい。なんか中国はベトナムでも殺しまくってるけど謝ってないやん!とかしかあんまり言えてない感じ。しかも全般的に文章が短い。舌足らずっぽい。中国人は日本の教科書なんて読んでないくせに!っていうのは良い反撃だと思うけど。

っていうか日本は反省してないとか謝ってないとか第二次大戦での行為を美化しているとか事実確認をすっ飛ばして一般化した上で善悪を問うという猛烈卑怯な議論をする中国系アメリカ人っつーか華僑連中はかなりエゲツなくて強力っぽい。スゲーむかつく。

日本擁護派ガンバレ!(←オマエは参戦せんのか!)

・・・と思ったらそうでもないか。

Japan is the perfect scapegoat for China and South Korea to use as a political tool to bind their troubled nation. Their view of Japan is bent based on racial hatred fumed by nationalism and hardly reflects modern democratic Japan. We have embraced pacifist foreign and internal policies for 60 years and played a responsible role. China and South Korea's march to nationalism is troubling and reminds us of the sad path that led to the former Japanese Empire's demise. They should stop blaming their troubles on foreign enemies that in reality do not exist. Kouno Taro, Tokyo, Japan
この人の書いてることが必要にして十分だろうな。あれ? Kouno Taro ってまさか国会議員の河野太郎か?と思ったけどKonoって表記をしてるのでこのKounoさんとは別だな。あぶねえあぶねえ、あやうくあの一族を見直すところだったよ(笑)。

うーんと、で、ちゃんと読んでない(←!)のでアレだが中東・アフリカは過去はどうあれ今はヒューマニストじゃん系の擁護だね。タイとか台湾とか香港の一部もそうか。で、アメリカ人(華僑除く)もどちらかというと擁護派っぽい。

問題はヨーロッパ人だな。ドイツがEU諸国と関係良好なのは過去と向き合ったからだ!みたいなクソ発言してやがる。違うだろーに。東アジア諸国(例の三国ね)とEU諸国の違いは棚上げかよ!ってもんだ。それについては一応「アメリカとの関係は良好じゃんか、戦争したのに」という反論は出ているようだが。

あとやっぱり在米・在欧(に限らんな世界中にいるから)華僑が問題だな。おじーちゃんが捕虜になったとかおばーちゃんが悲しんでるとかそういう情に訴え路線できている。

さてどうなるものやら(←他人事かい!)。

|

« マウントバッテン卿 | Main | 対WILLCOM戦 完全敗北 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 反日暴動についてのBBC論戦に日本人がほとんど参加してない件について:

« マウントバッテン卿 | Main | 対WILLCOM戦 完全敗北 »