« 人権擁護法案 「花の慶次」琉球編の怪 | Main | 人権擁護法案 論壇系アルファブロガー関連 »

人権擁護法案 朝日の社説

すげー、と正直思った。さすが団藤さんを雇っている会社だよ。
よほど言いたいことらしい。なぜか「ライス氏来日」のタイトルの方も中身は人権擁護法案の話だ。超チカラ入ってる。すげー。


朝鮮総連幹部による犯罪やエセ同和事件があったからといって、外国籍の住民や部落解放運動をしている人を排除しようとするのはおかしい。

へー、でもなぜおかしいのか全く説明しないね。

人権をないがしろにするような議論は恥ずかしい。

そんでシメの言葉がコレ。なんですか、朝日の社説は小学生が書いているのでしょうか。バカなの?正直、今引用してここに書くだけでも恥ずかしい。ってか「恥ずかしい」って。

ええとさ、要するに朝日新聞そのものが差別利権団体だってことなんでしょう。その表明なわけだ。いいね、ハッキリしてて。

猫手企画さんのところのこの記事を読むと一応新聞協会は反対表明しているらしい。朝日はそれを無視している感じなんだけど、どうなん?


朝日新聞は社説で、政府が提出しようとしている法案を修正して、成立を急ぐべきだと主張してきた。

だそうなんですけど。新聞協会に加盟してないの?あ〜アレか、メディア規制さえされなければ問題ない、ってことだから朝日の主張も矛盾しないってことかな?へーっ。

あと猫手企画さんは報道機関が規制されなければ良しとする考え方について


まったく選民主義みたいで腹立つわ。こんなんでマジで共感得られると思ってんのかなぁ?それが不安。

って書いてますね。こういうこと言うと怒られるかもしれないけど、別に私は選民主義そのものは良くも悪くもないと思ってたりします。問題は、選民主義を主張して自分を選民だと思っているものたちが、実際には向上心もなく努力もせず、賎民というかバカというか低能というか無能だったりする点なんじゃないですかね。

ダンドー氏や朝日の記者が本当に御本人たちの傲岸不遜な言動に見合ったレベルの知的エリートなのだったら別に私はなんとも思わないというか普通に尊敬しますけど。

うーん、変な例ですけど、昔はギャルソンの店員って怖かったじゃないですか(←今も?)。「へー、そんな格好でウチに来るんだあ・・・勇気あるね、プゲラ」みたいな感じで。超ムカつくけど。でも「オレ/アタシは超イケテル=選民」って感じでツッパってること自体については「ガンバレヨ」と思わなくもない。

自分たちはスゴイんだ!という妄想を抱いて、それを常に実証しようとしてベスト以上の力を出し続け、研鑽を積み・・・ってことをしているんだったら、そういうモチベーションを保つための「選民思想」もまた良しかなと思ったりします。私自身はそういう強迫神経症みたいなことに参加する気は毛頭ないですけどね。ラクなのがいいや。

えーと、で、ちょっとマジメな話。朝日の社説の中に差別利権についての指摘は前回廃案になった際には出ていないと書いています。


法案が最初に提出された3年前の国会でも、こんな意見は出なかった。

単純に言って時代が変わったというか、こういうことについて言えるような自由が今は少し醸成されて来ているってことなんじゃないですかね。

学術の世界でも「差別利権」というか、言い難いというか配慮しなければいけない圧力というのはありますし。特定の方向への行き過ぎた言説は許されるが、ある方向についてはきちんとした根拠のあるものでも書けば非難を浴びるというか吊るし上げされて干されるというようなことが確かにあります。

たとえば小熊英二先生の『単一民族神話の起源―「日本人」の自画像の系譜』という著作があります。「単一民族神話」というのは戦後に作られたもので、戦前はむしろ「日本は多民族国家である」とか混血であることが強調されて、それが大東亜共栄圏のような理念に繋がっていたのだと指摘しています。つまり純血選民思想みたいなもので侵略戦争を始めたわけではないと。

でもこんな画期的な指摘をしている著作でも最後の部分では所謂サヨク的な配慮をしたまとめをせざるを得なくなっています。大日本帝国がナチ的ではなかった、と指摘するとある種の「差別利権」団体の逆鱗に触れますから配慮というかフォローせざるを得なかったのでしょう。

また安田敏朗先生は『植民地のなかの「国語学」―時枝誠記と京城帝国大学をめぐって』などの一連の著作で、戦後言及することがタブー視されていた国語学と植民地政策の関係などについて論述していますが、これも以前は難しかった研究領域なのだと思います。

あと『敗戦後論』を書いたために加藤典洋さんはなんというかそれはもうスゴイ勢いで糾弾されていました。私くらいの世代・・・まあ世代でわけるのはアレですけど、サヨク脳(←レッテル貼りはダメ!っていうけど、ホントにいるんですよ、これは。護憲集会とか開くのに天皇制廃止!とか叫んでて違和感を覚えないヒトたちというか。天皇の地位は憲法に記載されてるんだからねえ、論理的にオカシイと思うのだが)化率がかなり低い人間からみると別におかしいことも言ってないように見えるのですが、エライ先生たちがこぞって「許せないーっ!キーッ!」ってなっててマジで怖かったです。加藤典洋さんは釈明とか撤回とかさせられてホント気の毒だった。

ま、どーなんでしょーねー(←ナゲヤリ)

|

« 人権擁護法案 「花の慶次」琉球編の怪 | Main | 人権擁護法案 論壇系アルファブロガー関連 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人権擁護法案 朝日の社説:

» 人権法案:新聞協会が声明、に思う [猫手企画@新聞屋]
Pressnet NEWS 2005年3月人権法案について新聞協会が声明を出したようです。 声明文はこちら 人権擁護法案に対する共同声明 平成17年3... [Read More]

Tracked on March 18, 2005 06:19 PM

» 周回遅れながら人権擁護法案にダウト。 [愛と妄想の日々。]
既にたくさんのサイトやブログで取り上げられているのに、マスコミではほとんど報道されない。 ここでどうして動かない!?日本のマスコミ人!と呼びかけてみるものの、... [Read More]

Tracked on March 19, 2005 09:10 AM

» 【ネタ】朝日伝聞の社拙 [Absenteの酔いどれBlog]
ネタ重視の拙blogとしては私なりに突っ込ませて貰いますm(__)m デタラメでチャンチャラおかしい社拙だ。(C)日刊ゲンダイ [Read More]

Tracked on March 20, 2005 12:06 PM

« 人権擁護法案 「花の慶次」琉球編の怪 | Main | 人権擁護法案 論壇系アルファブロガー関連 »