« 里谷多英さん関連 | Main | IT業界はチンピラ詐欺師ゴロツキの巣窟である件について »

ガ島通信さんの性別

あれ?っと思った。

ガ島通信さんが離職を決意したという衝撃エントリへの反応がたくさん寄せられていますがその中の一つであるこちらの記事にこんな記述があります。


Blog上だけでなく、労連の青年女性部などでもお世話になっている「ガ島通信」さんが、勤務なさっている会社を辞められるそうです。よく決断されたと思うと同時に、行き先を決めずに辞められるということに一抹の不安を感じます。

あれれ?「青年女性部」って?あと追記にもこれについての記述がありますね。

ただ唯一「この人を目標にしたい」と思ったのが「ガ島通信」さんでした。東京で行われた労連青年女性部の全国総会で、初めてガ島さんにお会いしたとき、そう感じたんです。その後、Blogのエントリを拝見し、岡山で同じ分科会に参加させていただいて、そのことを再確認しました。
「東京で行われた労連青年女性部の全国総会」で会って「岡山で同じ分科会」に参加・・・地方って岡山県なんだ・・・キビダンゴ(←ステレオタイプの反応)と思ったらこの記事では
岡山から地方都市へ戻ってきました。
と書いてあるので全国大会がたまたま東京で開催されたり岡山で開催されていたというだけの話ですね。結局「ガ島通信」さんがどこの人なのかはよくわからんわけか。

それはともかくとして、「ガダルカナル島」ネタを使っている&新聞記者、という情報から特に何も考えずリアルな「ガ島通信」さんの性別は「男」だと思ってましたけど、もしかして違うのだろうか?とはやはり思う。「違ったからナニ?」と聞き返されそうだし、やっぱり男なのかもしれないけどちょっと色々考えてしまった。

というのも私は「ガ島通信」さんの人となりがブログを読んでいてもよくわからなかったからなんですよね。ネタとか煽りとか釣りで書いているのかホンキなのかとか。文章が妙に感情的に見えたり、逆にすごくクールにも見えたりする場合があって。単に扱うネタとかそのときの気分でそうなっていただけなのかもしれないのですけど何か違和感がある。

今まで考えたことはなかったけど、もし女性だとしたら・・・辻褄が合うような気はするなあ(←自分によくわからないものは女性性に帰属するというしょーもない偏見なわけですけど)。でもやっぱり男性なんだとしたらこんなこと書いている私がアホみたいだけど。ま、実際にアホですが。

「青年女性部」って「青年と女性」部なのかな。「青年であって女性」部ってわけではない?

で、ググってみたら青年女性部学習討論会とかありますね。そういえば「ガ島通信」さんの記事でもそもそも読んでた気がする。岡山の話とか。そのときは何とも思ってなかったなあ、なんでだろう。


新聞労連青年女性部長 土江宏俊

とかもあるのでやっぱり「青年と女性」部なのかな。この名前なら部長は男ですしね。どうなんだろう。やっぱり新聞記者さんのうち新人と女性(ってことは女性はベテランになっても新人扱いってことか?)を対象とした部ということだろうか。所謂「おんなこども」=「女と子ども」=半人前、みたいな分類なのかな。「青年女性対策部」という表記もある。「対策」て。ますますわからん。

「組織概要」とか見てもどーなってるのかちっともわからん。組織全体図があればどういう分類かわかりそうだけど、そういうものは当事者たちには「あたりまえ」になっているからちゃんと説明しないんだよな、こういう場合は大抵。

そんでこれとか見るとどうやら「青年(男性)」と「女性」のようです。約5名写ってますけど女性っぽいのは一人だけだし。

ただ広辞苑とかで「青年」を引くと


青春期の男女。多く、一四、五歳から二四、五歳の男子をいう。わかもの。

とありますね。ってことは32歳というのが本当の情報なら「青年」ではない?とも思うのですが、新聞記者は大抵大卒以上だからこの定義だと2〜3年しか「青年」でいられる時期はないわけで、やっぱり「ガ島通信」さんは単に「青年」部の男性なのかな。

うーん、ま、きっとやっぱり男性なんでしょうね。ただ新聞記事の読み手であるコチラ側もなんか特に断りがなければ新聞記者=男みたいな先入観はあるような気もしないでもない。

他業種でも女弁護士とか女教師とか女医とかね。医者なんて「女医者」じゃなくて「女医」とかいうタームまであるくらいだからなあ。実際には一時期かなり医学部で女性を取ったこともあって増えているんだけどね。

あと「女教師が教師になるまで」とかいうスゴイタイトルの本も見たことがあるなあ、私は。この場合は「おんなきょうし」じゃなくて「じょきょうし」とか読むのかな。あんまり関係ないけどこんな記事もありますね。「助手」を「助手」と「助教師(じょきょうし)」に分けるとか。そんで「女教師」と紛らわしいと。

なんか「ガ島通信」さんの話からずいぶん離れてしまいましたけど。何はともあれ武運長久をお祈りします。

追記:ここの写真を見る限りほぼ間違いなく男性ですな(笑)。

|

« 里谷多英さん関連 | Main | IT業界はチンピラ詐欺師ゴロツキの巣窟である件について »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガ島通信さんの性別:

» 『ガ島通信』さんの「さよなら新聞」宣言。 [愛と妄想の日々。]
年代的にも近く、何かと話題に絡ませていただいていた『ガ島通信』さんが衝撃の告白。 既にあちらこちらで話題になっているようです。 「記者ブログ」がそこここ... [Read More]

Tracked on March 05, 2005 06:26 PM

» 藤代裕之〜裸の駄々っ子(1) [真性引き篭もり]
「ガ島通信研究」 ガ島通信を読んでいない人達に送る、ほんとうのガ島通信。 [Read More]

Tracked on May 25, 2005 06:22 PM

« 里谷多英さん関連 | Main | IT業界はチンピラ詐欺師ゴロツキの巣窟である件について »