« 黒衣の太陽 都立大篇 | Main | クビ大問題 アクセス増で喜ぶ人々 »

TBスパムへの対処とか色々雑感

今朝起きてここを見たらTBが増えていた。で、何かと思ったら月ナル者さんのこのエントリに解説がありますね。有名どころなのか・・・。無差別爆撃なんだろうけどなんか変。「チラシの裏」の方にはついてないし。

texas holdenはなぜか御丁寧に2発TBが同じ記事についてます。記事は「ウタダ氏の2ちゃんねるは終わった云々」というヤツです。ised@glocomに晒されてたからかなあ?そういえばこの記事は続編(←唐沢俊一さんの発言を探してくるとかなんとか)を書くって言ってそのまま放置しているなあ。なんかね、ised@glocomは思っていた以上に広がってるというかヤバイというか、激突するとそれなりの被害(?)を覚悟しなくちゃいけない相手っぽいので様子見中なんです、もしかして期待してた方がいたらゴメンなさい。もうちょっとかかります(←ってヤル気かい!←やらいでか!負け馬に乗って勝ち馬と戦うのこそ我が一族の流儀!ちなみに勝ち組は徒歩(かち)組と音が同じなのでスカン!我が一族は御馬廻組ナリ!←アホレベルが lazy8だな)。

そうそう、このウタダ氏は歌田明弘さんとおっしゃるわけですが文芸誌「ユリイカ」(青土社)の編集長だったんですね。1992年あたりまで。編集長の権限がどの程度まであるのかわかりませんけど、この歌田さんが辞めてから一時期「ユリイカ」はサブカル系にかなり傾いたんですよ。最近はまたもとの路線に戻ったっぽいんですけど。まあ、そういうこともあって私自身はこの歌田さんにはそんなに悪い印象はなかったんですけどね。

ただ、イラク人質関連のとことか見るとやっぱりツッコミどころ満載なんですよ。ここにまとまってますけどね。4月19日付けの「人質事件の異常な反応」という記事で


日本の外を見れば、ネットでは総じてリベラル派だから反サヨクなのは日本のネットの特異現象のようだ。それがどうしてなのかも説明はつくだろう。新興メディアのネットはマスメディアにしばしば反発するが、日本で最大の影響力を持ってきたマスメディアは朝日新聞で、反マスコミ感情と反「朝日」感情は一体化している。

と書いています。どうやら12月末に「ネットの右傾化は日本の特異現象」と書くより8ヶ月も前に同じこと書いていたんですね。ずーっと「エッそうかなあ?」ってツッコム人がいなかったのかなあ。だからised@glocomの議事録見て大喜びしたわけか。ふう。

で、歌田さんはどこかの大学(←専修大?)でマスコミ論を教えているらしい。6月2日の記事で次のように書いている。


学生たちに、読売新聞と朝日新聞の人質事件についての社説を読ませ、どちらの意見に賛成するかレポートを書かせてみた。(略)学生は200人近くいるのでちょっとした世論調査である。ふたつの社説の賛否は、読売派が102人、朝日派が70人、どちらともいえないが19人だった。「読売は政府より」と分析しながら読売派の学生が多いのは、いまの学生の気質を表わしているかもしれない。(略)謙虚で奥ゆかしいのが好きというのは日本的美徳かもしれないが、一方で、批判精神がないということもまたはっきり言える。

「政府より」の意見を書くと「批評精神がない」とはっきり言われてしまうとは学生も災難である(笑)。そんでさらに6月8日付の記事で「子供文化評論家」の荷宮和子さんという人を紹介して

その変化の理由のひとつを「世代」に求めている。荷宮さんは64年生まれだそうで、「暴力は嫌い」という手塚マンガの影響を受けて育ってきたこれらの世代と、なまなましい戦闘シーンをみて育った世代――たとえば「殲滅」といった言葉をぽんと使うことのできるエヴァンゲリオン世代――は感受性が違うということらしい。たしかに、40歳より上の世代と下の世代では感性が違うというのはいかにもありそうな話で、イラクでの人質事件のときに、40歳より上の私が同世代の人と話をしたところでは、「最近の自己責任を問題にする風潮は‥‥」と怒っている人が多かった。

どうだろうか。「『暴力は嫌い』という手塚マンガ」て。嫌ってるか?鉄腕アトムはバッカンバッカンロボットとかモノとかぶっ壊すやんか。確か復刻版かなんかに付いてたエッセイマンガで「暴力的すぎる」とかアメリカ人に非難されてアタマニきたとか書いていたような。んで「オマエらはベトナムでリアルに殺しまくってるくせに!」とか吐き捨ててたけど。

あと代表作・・・「火の鳥」は暴力シーンとか文明ごと絶滅とかさんざんやってたし、「ブラックジャック」だって外科手術の腕前を見せるためにはまあ病気もあるけど大怪我とかね、似非ヒューマニズムとは縁遠い作品だったし・・・割と晩年の「アドルフに告ぐ」とかだってね、拷問とかありまくりやんか。

もし彼女や歌田氏の目にホンキで手塚マンガの暴力性が見えていないのだとすると、なんかゾッとします。彼らとは話が合わないというか通じないわけだよな。自分自身が暴力を振るっていてもたぶん気がつかないのだろうし。

で、ルモンドの記事やパウエル発言を学生に教えてやったら


その反応は驚くべきものだった。意見が一変したのだ。「人質になった人々の責任を問うべきではなかった。自分たちはなんと冷たい国にいるんだろうか」という激しい反応が返ってきた。ある程度は予想していたものの、その反応は予想以上だった。そうしたレポートを見ていて気づくのは、これまで身の回り感覚以上のことを思い浮かべた様子がないということだ。海外の反応を聞いて意見ががらっと変わるのも、指摘されたようなことについて考えたことがなかったからだろう。

だそうな。アホかと(笑)。学生は単位が欲しいわけだよ。で、歌田先生はレポートを書かせる際に御自身の見解をイヤというほど述べて、色々御自身の見解に沿った資料を「さあ、これを読んで!」とか持って来てレポートを書かせるわけだ。そりゃあ「意見が一変」するっつーの(爆笑)。オルグ乙!・・・イヤになるよホント。悪気は無いんだろうし。天然っぽいもんな。

・・・ってTBスパムの話だったな、確か(笑)。戻りましょう。そんでonline pokerは「東京都職員云々」に打ち込まれているなあ。どういう基準なんだろう?「ガ島通信」さんのところ経由できたのかな?「ガ島通信」さんのところのこれ関連の記事はなんかコメント55個&TB22個という大盛況だからなあ。

ガ島通信さんについては別に言うことはないけど・・・ああ、カナロコ関連エントリで「カナロコ星人」に好意的な書きぶりでしたけど、どうだろうか。ウチのオカンはHULAをやっている関係でああいうのを見ると切り裂きジャックみたいな顔(←見たことないけど)になるんですけどね。

HULAは踊りを使って物語るものなので手のカタチだとか足さばきだとかそういうものに全部意味があるわけで(←伝統的な踊りってみんなそんなものかも)無意味なクネクネとかやってフラダンス(←そもそもフラ=ダンスなわけで、「フラダンス」というと「ダンスダンスかよ!」と顔をしかめる)とかいうと侮辱されたと感じるようですよ。

ま、宇宙人だ!って言い張っているのだから良いのかもしれないけど。

で、さてこのあからさまなTBスパム3件をどう処分しましょうかね。「トラックバックは基本的に削除しない」って大見得切っちゃったし。 しかたない、またあの手でいくか。作業中に誤って

追記:なんかネタフルさんのエントリを見るとシャレで済まないっぽいですね、このTBスパムは。ココログの不具合と関連ありそうです。

|

« 黒衣の太陽 都立大篇 | Main | クビ大問題 アクセス増で喜ぶ人々 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TBスパムへの対処とか色々雑感:

« 黒衣の太陽 都立大篇 | Main | クビ大問題 アクセス増で喜ぶ人々 »