« ネットは民主主義を妨げるという風説 | Main | TBスパムへの対処とか色々雑感 »

黒衣の太陽 都立大篇

R30さんのところでクビ大とか都立大とかのあたりを巡ってなんかやりあっているようです。R30さん自身が「マジでどうでもいい」と書いているのでマジでどうでもいいのでしょう(笑)。

ただ、私はちょっと不満です。R30さんではなく都立大側の対応が。なんでしょうねえ、R30さんに全否定されているわけですよね?しかも人文科学をやっていたといいながら(←しかもそうした研究に価値があったと主張していながら)多数総掛かりでR30さん一人すら撃破できていないわけですよ。

R30さんは少なくとも私の見る限りではフェアに戦っているわけですから、これでは本当に都立大学が何の役にも立たないというか無価値な存在だったと認めてしまうことになります。このままR30さんに負けたらホントどうしようもないということになりますよ!と言いたい。

私的には以下のような展開を希望。

まず現役都立大生に向けてはこんな感じで・・・


俺は都立大OBだ、現役生とは世代の違う古い時代に育った都立大OBだ。俺は都立大が世界中で一番好きだった。神かけてもう一度いう。胸を張っていう。都立大が世界中で一番好きだった。都立大と巡り会えて俺は幸せだった。生まれ変わりというものがあるのなら次の時代のどこかで、また巡り会おう。願わくばその時都立大がクビ大に変わる前に、共に学問を語り合える若者として、互いに生まれて会いたいと思う。俺たち都立大OBは、もうこの世から消えていく時だ。新しい大学で幸せになれ。

そんで都立大OB同士の会話では・・・

【OB1】都立大はチンタロー知事に降伏する。

【OB2】情けないですね。

【OB1】R30にはわかってほしい。理解させたい。我々はチンタロー知事に負けたんで、決してR30ごときに破れたのではない。それをよく思い知らせてから消えてゆきたい。これが東京都立大学OBのささやかな意地だ。

【OB2】同感ですね。


そんで戦いの経過と結果は・・・

その日乱舞した都立大OBの大群は記録には残されていない。故意にR30のブログから削除されたとの情報もある。その日の都立大OBは強かった。見違えるように強かった。撃墜されたコメント欄や被弾したトラックバックから立ち昇る爆煙(←!)で、太陽が黒い衣服をまとっているように見えたと目撃者は語っている。東京都立大学人文科学系の終末を弔うために太陽が黒衣をまとって昇ったのだと都立大OBの生き残りは信じている。

栄光の日々は遠くはかなく誰の記憶にも残らない。栄光の中に身を置いた都立大OBだけが胸に抱いて・・・消えて行ったのだ・・・


という感じでお願いします。私も都立大関係では珍しく署名したのでこのくらいの戦いというか意地は見せて欲しいと(けっこうマジで)思います。

・・・不謹慎かな?でもR30さんに軽くあしらわれているようではやっぱりダメなんじゃないかな。人文科学の専門家としては。ちなみにモトネタは松本零士の「黒衣の太陽」です。

|

« ネットは民主主義を妨げるという風説 | Main | TBスパムへの対処とか色々雑感 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 黒衣の太陽 都立大篇:

» クビ大(=首都大学東京)構想への幾つかの誤解? [Sociologie du droit pour liberer la nature humaine]
   内田先生Blog、さらにR30さんの「首都大学東京に思う、大学は何する所ぞ」をきっかけにして、いわゆる「クビ大(=首都大学東京)」問題が、Bl... [Read More]

Tracked on January 31, 2005 11:05 AM

» Blogの中の「首都大学東京」(その1) −マスメディア的空間と現場をつなぐものとして [Sociologie du droit pour liberer la nature humaine]
 はじめに   「首都大学東京」って、実際、世間からは、どう思われているのだろう? 現場に身を置く者なら、皆、気にかかる問いである。  この新大学構... [Read More]

Tracked on January 31, 2005 11:34 AM

« ネットは民主主義を妨げるという風説 | Main | TBスパムへの対処とか色々雑感 »