« 映画「紅いコーリャン」ってどんな話だったっけ? | Main | one*wayの袋がはやってる »

ニートって聞くと「王子!」って言いたくなる

それはミートくんだろう!・・・なーんつってな(←スーパーミルクチャンの物まねで)。

最近結構深刻な事態だとして新聞に取り上げられることが多くなりましたが、だいぶ前にBBCでも記事になってましたね。Freedom's dark sideとか言って。ちなみにそこでは

These people are known as Neet - those Not in Education, Employment or Training and under 25 years old.
って定義してます。25歳以上は単に無職ってことかな?それに対してNEETは社会の入り口で立ち止まる人たちってことか。ココがまとまっているのかな。そんで中でも問題になっているのは「希望するものがない・何をしたいのか分からない【こころのミスマッチ】・・・大きな課題」というタイプのヒトだそうで。

ま、確かに周りから見てコレが一番どうして良いか対処法のわからんタイプではあるんでしょうね。コレに比べたら自分探しに行っちゃうヒトとかの方が探すという行動や欲求を持つだけマシとさえいえそう。

希望もなくて何がしたいかもわからないとかいうヒト・・・「とりあえず可能な限りの臓器提供の申し込みをしてから大病院の待合室に行って豆腐(←絹ごしが望ましい)の角に頭ぶつけて氏ねば?」と以前の私なら言った(←ヒドイな!)と思うのですが最近はまあ、そうでもない。大学院の博士課程に来てコレ言ったヒトにも会ったことあるし(←!)。やりたい研究とかって無いんですよねえ・・・とか言われてもね。正直驚いたけど。

そういえば大昔に「三無主義」ってのがあったらしい。


私の子ども時代、私達の世代は「三無主義」なる有り難くないレッテルを張られていました。曰く、今の子ども達は無気力・無関心・無責任であると。これが一つの世代的特徴であるかのように言われていた。

とリンク先の方は書いておられます。この方が言っている世代というのはどうも70年安保闘争とか学生運動をやっていた世代らしい。昭和でいうと40年代後半ということになるらしい。

「三無主義」という言葉が、この頃の生徒を表すものとして使われている。三無主義とは、「無関心・無気力・無責任」のことで、要は生徒全体の主体性が失われていることをいいたかったらしい。しかし、この言葉は主体性を持っている人々がいるからこそ生きてくるものであって、現在使える言葉では決してない。昭和46年においては生徒総会で話しきれなかったことを、臨時総会を幾度も開くことで補おうとしていた。しかしその多くは人数が定足数を割っており、流会となっている。やる気のあるものが多かったからこそ、それについてこようとしない大多数の生徒を指さして、「三無主義」を叫んでいたのではないか。

だそうな。昭和と西暦は確か25年差があるので昭和46年頃というのは西暦1971年ということになる。大雑把に言って今から30年くらい前。当時16,17歳くらいだったヒトが大卒後すぐ21,22歳で子どもを作ったとするとそれは五年後の1976,1977年くらい。今が2004年だからその子は27歳か。実際には大卒後すぐ子どもを作るとも思えないのでその差分と昭和46〜49年くらいの幅を考慮すればまさしく「三無主義」世代の子どもなんじゃねーの?NEET(のうち致命的な連中)は?・・・と思う。「無気力・無関心・無責任」・・・そのままじゃん。

やっぱりほれ!さっさとドナー登ろ(ry・・・とかいってもガッツの無い連中だから臓器提供の役にも立ちそうにないかあ(←無礼系オヤジギャグ)。うーん、ま、誰が悪いのか、ってことを指摘したとしても何ら問題解決にはつながらないのでちょっと前向きに考えてみよう。

今NEETって呼ばれている人たちがそういう存在として生きていられるのは上に書いた私の考察が正しいとするならやっぱり親がそれを受け入れやすいから、ってところがあるんじゃないかと思う。他の世代の親だったら「フザケンナ氏ね!」で片づくところが「わかるよー、わかるっ!」って感じになってんじゃないかと。

で、子どもの問題って大抵は親の問題だったりするんですよね。だからNEETなヒト(のうち無気力なヒト)の問題は彼らだけを見ていても解決しないんじゃないだろうか。そんで彼らの親世代、元祖「三無主義」世代がなんでそんなだったのか?っていうのをもう一度きちんと調べる必要があるんじゃないかしらん。

とネタだけ振ってあとは知らんぷり。だって私も経済的社会貢献度は彼らと大して変わらんもん。ヒトの心配している場合じゃないし。っていうか貧乏でダメなヒトたちのこととか考えると鬱になる。前に「ダンサーインザダーク」の話題が出たとき「あ〜、貧乏で無学でダメで不細工なヒトたちのネタで映画作って何が楽しいのやら。興味ネー。貴族とか金持ちとか美しいとか才能があるけどダメなヒトとかなら面白いけどさ」と言ったら友達の妻(←結婚式で会って以来)が「なんて傲慢なヒト!!」と言って半ギレしたけどねえ、だってそうじゃんか。

|

« 映画「紅いコーリャン」ってどんな話だったっけ? | Main | one*wayの袋がはやってる »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニートって聞くと「王子!」って言いたくなる:

» やりたいことなんか無くても別に困らない [I. M. G. D.]
あちこちでニート(NEET : Not in Employment, Education or Trainingという意味らしい)の話題が盛り上がってるんでワタシも便乗。… [Read More]

Tracked on December 22, 2004 12:11 AM

« 映画「紅いコーリャン」ってどんな話だったっけ? | Main | one*wayの袋がはやってる »