« 電車男とイラクと小樽 | Main | 文学でも著作権ヤクザ出現か? »

竹熊健太郎さんのmixi日記が非公開になった件について

ブログ界のビッグウェーブに乗って一気に5万/day以上というアクセス数を誇る怪物ブログとなった「たけくまメモ」が大注目を浴びる影で昨日あたりから竹熊さんのmixi日記が「友人の友人まで」になってしまった。

超ガッカリ。「マイミク登録も、今後は基本的に知り合い関係に限定したく存じます」の「今後は」にも泣ける。何か急激に大注目を浴びたので色々あったのかしらん。

昨晩あたりに見に行ったときには特に日記についての説明もなかった(←今は差別化のためというエクスキューズが書いてある)ので「日記」をクリックして「友人の友人まで公開のため読むことが出来ません」というメッセージを見たときにはさびしかったなあ・・・。でも「友人まで」じゃないところが竹熊さんらしいとも言えるかも。

私自身がmixiに加入したのは今年の9月でした。当初全く乗り気ではなく現在でもまあそんな感じではあるものの、最小編成(←マイミク2名、加入コミュニティ0)のままこれまで3ヶ月も退会しなかったのはmixi内で発見した超著名人とかそこそこ著名人の人たちのページを明子姉ちゃんの気持ちで物陰から(←つまりお気に入りに登録してただ足跡だけペタペタつけていく)見守るのがチト楽しかったからなんですよ。ま、足跡つけられる側からすれば明子姉ちゃんというよりは座敷女のようにも見えてキモイかもしれませんけど。

そうはいっても超著名人(←私の基準で、ですよ)にはなかなかmixi日記を公開しているヒトはおらず、現時点ではいしかわじゅん先生くらいじゃないでしょうか。なんかこういうあたり西風マンガのキャラそのままでちょっとウレシイ。

そんで上にも書いたように非公開になってしまったのですけど竹熊さんもそれまでは超著名人(←私基準)なのに日記を公開してくれていた稀有なヒトでした。「たけくまメモ」の人気を安定させた「手塚伝説」のmixi日記版は私が最初に竹熊さんのページを発見して見に行ったときにちょうど書かれたばっかりで、なんというかそういう点でも感無量というか、うーん、・・・むにゃむにゃ。

超著名人なのにココログを自腹でやっている・・・それでいて並み居るザコ(←!)著名人が有料で書いているココログをはるかに圧倒して大人気・・・なんとなく新庄っぽく見えるんですよね、道民である私には。ただ新庄って本人は気さくである反面まわりはガッチリしてますよね。インタビューの申し込みには短時間でも数百万要求するとか(←ウワサですけどね)。うちの親戚がかかわっている会社でもなんかケンモホロロな対応されたりしているし。ま、周りがしっかりしていないと彼の朗らか&天然キャラも守れないのだろうし、いいことなんでしょうけどね。

そんで竹熊さんにも誰か入れ知恵してんじゃねーの?と私などは勘ぐるわけで。で、妄想と憶測でそれは鈴木みそ(敬称略)じゃねーのか!と思ったりするわけで。鈴木みそ(敬称略)めえ!「あんたっちゃぶる」全四巻を愛蔵するこの私にその狼藉か!!連載誌のMacFanとテニスマガジン不買してやるう!(←もともと買ってねーだろ!←ああ、MacJackとスマッシュ読んでるからな←スマッシュて!←そっちかい!)

そういえば竹熊さんは多摩美で教えているそうなんですけど、鈴木志郎康先生と面識はあるのでしょうかね。多摩美の規模とか組織とかよくわかってないのでアレですけど。ああ、でもアレだ鈴木先生と私の面識自体が奥尻島地震のころで途絶えているし・・・(←おもいっきしダメじゃん)。

ま、要するに「たけくまメモ」だけ楽しみにするしかないね!!(←微妙にヤケクソ)

(竹熊さん宛・・・ということで(?)「血だるま剣法」とは直接関係ない記事ですけど「たけくまメモ」の最新エントリということでこの平田弘史ネタエントリにTBさせていただきます。「たけくまメモ」のTBルールでスパム認定となる場合にはお手数ですけど容赦なく削除してください。それでは)

|

« 電車男とイラクと小樽 | Main | 文学でも著作権ヤクザ出現か? »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 竹熊健太郎さんのmixi日記が非公開になった件について:

« 電車男とイラクと小樽 | Main | 文学でも著作権ヤクザ出現か? »