« 人形屋佐吉が開いていた件について | Main | affiliateって今ひとつわからん »

複乳首が本家の証

というのはどうなんだろうと思った。っていうか今回は備忘録的雑記というか小ネタ整理3。

私の個人情報(?)に興味のある人はあんまりいないと思うけど、それ絡みで最近ちょっとネットで検索してみたら引っかかってきたこととかあるので備忘しておきます。

ええと、我が先祖の三重県時代についての情報。「3男の盛繁が関本家を継いだのは関氏には代々、『複乳頭』の者が本家を継ぐとの家訓があったからだと言われている」とあるのですがソースはなんだろう。興味あるなあ。遺伝的に複乳率が高い一族だったんでしょうね。なんでかは知らないけど。

ググってみてまじめな内容で関係してそうなところは複乳その1とか複乳その2とかですかね。今ひとつ実体がわかりませんが。前にテレビで熊田洋子が自分には乳首が四つあるとか言ってたらしいのですがそれとかがそうなんですかね。ちなみに私は幸い分家筋なので乳首の数は普通です(←笑?・・・真剣に悩んでいるひととかいるかもしれないからなあ)。

あと最近秋葉原を占拠&ベネチアヴィエンナーレを万博と勘違い(?)した系のヲタ世界では「複乳」っていうのは爆乳とか超乳とかと並ぶ一大ジャンルなんですね。ホント氏(ry。

で、気をとりなおして平資盛が関氏の始祖である件など。どうも「あやしい」らしいですけど。次のNHK大河では誰が演じるのだろう?

んで、上の話は父方の先祖なんですが、母方の方でもこんなのがあります。銭屋五兵衛さん。私がよく知らない分野ですが「時代小説」とかいうのに「銭五の海」というのがあって銭五こと銭屋五兵衛さんをネタにしているようです。っていうかこういうときこそアフィリエイトとか使えば良いのかな?くやしい(←?)ので商売と関係ない個人の感想にリンクしておきますが。

ちなみに銭五と一族は処刑されたのになんで?と思うかもしれませんが、まあ色々あるわけですよ。で、こっち系ネタはここまでにしておきますか。

そんで、また別系のネタ。森川久美さんという漫画家がいるそうです。「いるそうです」などと書いているのはこれまた私がよく知らない分野である「少女漫画」の人なので。で、なんでこの人を話題にしているかというと「蘇州夜曲」「南京路に花吹雪」「Shan-hai1945」と言った作品を書いているからなんですよ。「南京路に花吹雪」の初出は1988頃なはずですけどリンク先では文庫版の発行年しか書いてませんね。ま、そっちの方の1996年というのもかなり微妙な年ですけど。あ〜これの紹介もアフィリエイトとか使えばみんな幸せになれるのにな(←そうか?)。

あとこれまでの話の流れとは全く関係ないのですが、最近の低床式バスとかってどうですかね。お年寄りとか身体の不自由な人が利用しやすいように、ということで正確な呼び名がなんというのかは知らないのですけど、なんかドアステップとかのところが低い車両が結構導入されてきてるようです。この間雪でクルマが使えなかったときにバスに乗ったんですけど、これがなんというか、ドアを入って一歩目までは低床なんですけどそのあとの段が健常者(←運動不足ではある)である私でも一瞬アレ?と思う段差だったんですよ。

これでは意味がないと思うんですが、おそらく従来型の車両のドア取り付け部分だけ改装したんでしょうね。だから最初の一歩を低くした分あとの段にしわ寄せが来ているわけで。なんかそもそも何のために低床式にしようってことになったかわかんなくなっているんでしょうかね。それとも利用者に益が無いのは承知で、外見だけ低床式に見える車両を増やすことでどっかにアピールしているんですかね。きっとそうなんだろうな。サイアクだ(←憶測による断定)。

うーん、さらにこれまでの話と超関係ないけどさ、ユマサーマンのルックスの変化をみると(例:パルプフィクション→キルビル)あの手の顔とかキャラは年をとった方が怖くなくなってカワイクなるようですよね。だから栗山千明も耐えて(?)ガンバレ!と思った。

とりあえずそんなとこ。

|

« 人形屋佐吉が開いていた件について | Main | affiliateって今ひとつわからん »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 複乳首が本家の証:

« 人形屋佐吉が開いていた件について | Main | affiliateって今ひとつわからん »