« 笑いの秘孔 | Main | 君はスライマンさんを知っているか? »

実家で朝日新聞を読んでみた

久々に実家に行ったので朝日新聞を読んでみた。ちなみに私は新聞をとっていない。ついでにいうとテレビアンテナの接続をすべてはずしてあるのでテレビもまったく映らない。ラジオは山の中なので電波が入りにくいというわけでまあ従来のマスメディアの影響下には全然ない生活をしているわけです。

で、うーんと「河童はカワウソが遊んで頭に石をのせた姿だ」とかいう記事があった。Web版には見あたらないなあ。良い写真だったのに。でもまあ、一角獣の化石が発見されたとしてもそれは一角獣だということにはならない、一角獣に似た生き物がいたということにしかならない・・・とかクリプキが書いていたと東浩紀の免罪本(←宮台だと「権力の予期理論」が相当。彼らのどうしようもない言動を免罪するほどの出来と言われる著作のこと)に書いてあった気がするけど、どうなんでしょうね。朝日の記者にそういう話をしても無駄だろうけどさ。

あとNHKの集金人の人たちが海老沢会長にヤメロと言ったとかなんとかいう記事があった。NHKは確かに異常ではあると思う。この間実家で親がつけてたのでつい見てしまったのだが7時のニュースで冒頭から延々イチローの記録がどうの、ってのをやっていた。15分くらい。シスラーがどうとかメジャーの古い映像とか見せながら。スタジオには変なセットとか作って。いや、イチローはすごいかもしれないけどそれはスポーツニュースとかでやれば良いことであってさ、なんで7時のニュースの冒頭から延々やるのかわからん。何もニュースがないような平和きわまりない世界で我々は生きているわけじゃないしね。記録達成したときとかならわかるけどそのときはまだ10本以上足りてないときだったし。

NHKもそうだし朝日にも知り合いの若人たちが就職していくのだが彼らはこんなところでやっていけるのかなあ・・・と心にもなく(←!)心配してしまう。中堅・幹部が異常な判断しているからこんななんだろうしな。身の処し方が大変そうだ。

そんで三谷コウキ(←字忘れた)の連載みたいなのも見た。なんかNHK「新撰組!」の美術スタッフ6〜7人に「焼き肉をおごる」と言って連れ出したものの店が開いてなかったので居酒屋に行ったとかいう話だった。そんで私が驚いたのは彼が手持ちの現金3万円&クレジットカード無しでそれをやったと書いていることですよ。大人が彼も入れたら8名ですよ!しかも自分から誘っておいて。一人4000円弱ですか・・・ハシゴすることは絶対にないとも言えないでしょうし・・・東京は飲み代が安いとですか?・・・ひろしです(←見たことないけど)。

お金が足りるかどうか気が気じゃなかったとか書いてましたけど、なんかもうそんな状態で「俺の奢りだ!今から飲みに行くぞ!」みたいな感じで誘うのは相手に失礼じゃないのかなあ。鈍感じゃない人ならそういう彼の様子にオーダーの仕方とかから気づくだろうし。気を遣わせてどうするってもんですよ。っていうか三谷という人はとことん鈍感というか鈍感というか鈍感というか(←とりあえず三回言ってみました)、まあなんというかそういう人なんでしょうなあ。だから「新撰組!」もあんななんでしょう(←一回も見てないけど。っていうか「撰」は「選」なんだっけ?)。

あーやだやだ。マスコミに触れると心がすさみますわ。口直しにレンタルしてきた「トリコロール/白の愛」でも見るとするか・・・。

|

« 笑いの秘孔 | Main | 君はスライマンさんを知っているか? »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 実家で朝日新聞を読んでみた:

« 笑いの秘孔 | Main | 君はスライマンさんを知っているか? »