« 小ネタ整理 | Main | MSWORDというものは »

小ネタ整理2

進まない。やばい。

(ネタ1)私のやっている研究と似た名前(?)の日本計量振興会というところがあります。で、今から2年前バージョンのここのポスターはこんなのでした。北川えりという子らしいですがまあそれはどうでもよろしい。サッカーがらみの扮装は時代的なものでしょう。もとワンギャル・・・。

注目すべきところはコピーです。「グローバル化、多様化の時代にこそ正しい計量計測を!!」とあります。私はこのコピーを近所のスーパーの袋詰めコーナー(←買ったものをポリ袋に詰める場所)で買い物のたびに見かけては首をひねっておりました。「グローバル化、多様化の時代」って・・・。真逆やん?どっちなんだよ!と言いたい。均一に一元化されつつ多様化する時代・・・日本車の角目ライトの形状のようなものか?

ちなみに過去への遡りはここを使いました。

(ネタ2)今まで使っていたミミカキが壊れたのでこれを買いました。一応今話題の(?)グッドデザイン賞受賞作です(笑)。

(ネタ3)SONYのコールセンターは外注だそうですがこの記事によるとやっぱりまずいみたいですね。「ノートパソコンのユーザーは、ソニーやコンパック社のテクニカルサポートに電話をかけたときに最も長い時間——平均して15分間以上——待たされている。調査の結果、ソニーのテクニカルサポートは電話がつながってから、34%という驚異的な率でユーザーに「その場しのぎの応対」をし、2回以上電話をかけさせることがしばしばあるということも判明した」とありますけど、これはもともとそういうシステム(←!)なんでしょう。SonicStageが起動しなくなる問題は解決したのかな、そういえば。

っていうか、私のウチにはSONY製のAVアンプがあるんですけどVAIOがないのでネットワーク機能が使えないんですよね。計算機の中のデータをテレビ画面で見られたりオーディオ用のシステムで聴けたりするのは大変便利そうなんですけど。ま、例によってSONY認定の世間と外れた規格のデータしか再生しないとか色々いやがらせ満載だから実際には使えないのでしょうけどもね、VAIOがあっても。

囲い込み戦略で勝てると思ってた(←最近は微妙に方針転換しているようだが)んですかね。思っていたんでしょうね。なんかものすごく勘違いしたタカビー女の滑稽な失敗みたいで笑えるような悲しいような(←あれ?そんなやつに貢いでいるワタクシの立場は・・・)。

(ネタ4)He then says in Japanese: "Mr Koizumi... I'm sorry to put my head in your hands. I want to return to Japan." とBBCに書いてあった。「すみません」が何に対して言われたコトバなのか解釈に困ったんだろうな、と思ったり。ただでさえ冬に向かって鬱なのに鬱なことを増やすのはやめて欲しいなあ・・・。put my head in your handsっていうのは慣用句なのかなあ?と思って英辞郎を引いてみた。

■put one's head in the lion's mouth
■put one's head in the noose
■put one's head in the oven
■put one's head in the sand
■put one's head in the sand like an ostrich

無いね。

関係ないけど put one's head in the oven なんてのがあるんだなあ。昔シルヴィア・プラス(←アメリカ詩人、女性)がガス自殺とはいいつつも実際にはキッチンのガスオーブンに頭を突っ込んで死んだ、とかいう話を聞いてずいぶんオリジナリティのある死に方というか主婦業みたいのを押し付けられることへの抗議だったのかなあと思っていたけど慣用句になるほどありふれていたんですね。わからんものだ。

|

« 小ネタ整理 | Main | MSWORDというものは »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小ネタ整理2:

« 小ネタ整理 | Main | MSWORDというものは »