« 小ネタ | Main | ふぐすまはかんとうだ »

ひどい話だが

例のクビ大学はものすごいことになっているようだ。昨年も教授陣が座敷牢に・・・という全盛期のセガのような(?)事件があったところだが、なんかヒトゴトながらトホホです。コピー制限だそうで。リソグラフでやればイイじゃん!ってことではないのかな。ないんだろうなあ。昨年「コピー機に生まれ変わりたい」といっていた某先生(ドイツ人)はさすがに教務にしかられてコピー制限がかけられてましたけど、まあ、まだクビ大学以外ではそんなにうるさくはなさそうです。

それでもなあ・・・これで宮台も苦しんでいるのかと思うと不謹慎にも笑みが漏れてしまう・・・(←ひとでなし)。

追記:コピーと言えば思い出す。
よくハリウッド映画とかで(たとえばライトスタッフ)司令部の人とかが通信で Do you copy? って聞くじゃないですか。そんで相手は Copy. って答えるわけで。この場合 copy って「了解」とかいう意味なんですよね、日本語に訳せば。っつーかcopyは受信しているとかいう意味なのかな。そんで「受信しているか」「受信している」みたいなやりとりなわけなんだと想像するわけだけど、ふつうにコピー機つかっているときだとかはどうなるんだろう?「コピーします?」みたいなつもりで(たとえば自分がコピー機を使っていてそこにやってきた人に聞くとか)Do you copy?って言ったりするのかな。あ、でも通信じゃないからいいのか、こういうときは。でも電話で話していて「(この授業のノートだけど)コピーする?」みたいに聞く場合はどうなるんだろう?別にどうにもならんのかなあ・・・。ま、どうでもいいけどさ。

|

« 小ネタ | Main | ふぐすまはかんとうだ »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひどい話だが:

« 小ネタ | Main | ふぐすまはかんとうだ »