« パン屋とか | Main | 小ネタ »

嘘ついたけどほんとだもん

とか言う人多いですよね。偏見ですけどサヨクとか女性とかに。

なんか今ひとつ盛り上がってませんがこんなニュースもありましたな。なんですかWブッシュがベトナム戦争中国内で楽な任務につけるように親族をつかって圧力をかけていた証拠だとか言われていた書類がMSWordで書かれていたとか。バカかと。

MSが自分たちがまるで大昔から君臨していたかのように思わせるマインドコントロールを行っていたのかもしれませんけど(←可能性は否定できない)。っていうか、ほんと偽造するならするでもっとちゃんとこだわれよ!と言いたい。

大体さ、例えば私がこの任務を仰せつかったとしましょう。まずTexas Air National Guardで当時どんな紙が使われていたか、とかどんなタイプライターが使われていたとか念入りに調べますわな。そんで同じものをなんとか入手しようとかします。そうすると70年代のタイプライター事情とか州軍のこととか色々詳しくなって楽しいじゃないですか。

あと当時上官だったというJerry Killianの文体(←文そのものは秘書がタイプするんだろうけどさ)とか使用語彙とかの調査もやりますよ。70年代のテキサス(←もともとの出身がどこかは知らないけどさ)の軍人の言語使用がどんな状況だったのかとかわかるじゃないっすか。これもオモロイ。

あと紙とかインクの経年劣化の様子とか色々化学系のこととかも調べてさ、その集大成として偽造書類が完成したときには「やったな!オレ」「すごいな!オレ」とかって感動しそうですよ。

あ、でもこれだと偽造しようとしているのが調査活動している過程でバレまくりですなあ・・・。あと完成までにかなりの年月がかかってしまう(笑)。いや、違うな、本当にそんな書類だとかメモだとかが存在しているのだとしたらそれを探す過程でも同じことをするはずだし。やっぱり「こだわり」が足りないんだよな。

っていうか、こういういい加減な偽造するヤツっていい加減にしか世界が見えてないってことなんだよね。こどもがつく嘘とかってこういう感じだものな。いい加減にしか世界が見えていない人間に「おかしんじゃねーの?」と聞くと「そんな細かいことはどーでもいー!うきゃーっ」ってなるけどさ、重箱の隅がどーの、とかいう問題は些細なことではないでしょう。重大な倫理上の問題だよな、と思う。

っていうかそもそも嘘をつくなと言いたいですな。民主党といえばクリントン政権のときの反日キャンペーンでもかなり偽造というか捏造されたものが使われていましたが、なんなんでしょうね、さすが日本に原爆を落とした党だけに品性下劣ですな(←政治的発言?)。

|

« パン屋とか | Main | 小ネタ »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 嘘ついたけどほんとだもん:

« パン屋とか | Main | 小ネタ »