Main | October 2004 »

腕枕って・・・

どうなのよ。

こんなのはニュースか?と激しく問いたい気がする。でも記者もサボりたいときもある、ってことかな。っていうかロシアの京都議定書がらみのニュースはアジア太平洋枠のニュースじゃないんだな。ま、確かにそうか。あと関係ないけど「サボる」が「サボタージュする」から出来たかなり新しめの語だと知ったときには結構驚いたものですよ。それ以前はなんて言ってたんだろう?「怠ける」じゃあ全然感じが違うものなあ。ま、いいや(←ほとんどの案件がコレだな)。

っつーか、腕枕の角度がどうみても変だろうに。ヤラセ記事書いてるんじゃねーよ!と一応つっこんでおこう(←とかこんなネタに注目しているこのblogの方がよっぽど・・・)。

| | TrackBack (0)

ふぐすまはかんとうだ

別に福島県には限らないのだろうけどヒドイ話である。週五日夜勤(&昼勤)だそうな。つまり24時間労働×5日というわけだ。クレイジーだなあ。そんなのに耐えられる人間がどこにいる?っていうか耐える必要ないでしょう。

なんか最近は大学とか教育関係の仕事でも労働時間というか拘束時間を長くする=良いこと、みたいになってなんだかなーという感じ。変な締め付けが強くなってますよね。

ただ「そこにいろ!」という仕事(たとえば作家の原稿待ちする編集者とかさ・・・今でもそんな仕事の仕方しているのか知らんけど)でさえ過酷だっつーのに質が問われる仕事なんだしなあ。あと勉強する時間は絶対必要なんだし。生まれてから一度も勉強したことがないとか論文読むより飲み屋の女性のお尻を触る方が楽しいとかそういうタイプの人間にはわからんのだろうな(←!)、こういうことはさ。

| | TrackBack (0)

ひどい話だが

例のクビ大学はものすごいことになっているようだ。昨年も教授陣が座敷牢に・・・という全盛期のセガのような(?)事件があったところだが、なんかヒトゴトながらトホホです。コピー制限だそうで。リソグラフでやればイイじゃん!ってことではないのかな。ないんだろうなあ。昨年「コピー機に生まれ変わりたい」といっていた某先生(ドイツ人)はさすがに教務にしかられてコピー制限がかけられてましたけど、まあ、まだクビ大学以外ではそんなにうるさくはなさそうです。

それでもなあ・・・これで宮台も苦しんでいるのかと思うと不謹慎にも笑みが漏れてしまう・・・(←ひとでなし)。

追記:コピーと言えば思い出す。
よくハリウッド映画とかで(たとえばライトスタッフ)司令部の人とかが通信で Do you copy? って聞くじゃないですか。そんで相手は Copy. って答えるわけで。この場合 copy って「了解」とかいう意味なんですよね、日本語に訳せば。っつーかcopyは受信しているとかいう意味なのかな。そんで「受信しているか」「受信している」みたいなやりとりなわけなんだと想像するわけだけど、ふつうにコピー機つかっているときだとかはどうなるんだろう?「コピーします?」みたいなつもりで(たとえば自分がコピー機を使っていてそこにやってきた人に聞くとか)Do you copy?って言ったりするのかな。あ、でも通信じゃないからいいのか、こういうときは。でも電話で話していて「(この授業のノートだけど)コピーする?」みたいに聞く場合はどうなるんだろう?別にどうにもならんのかなあ・・・。ま、どうでもいいけどさ。

| | TrackBack (0)

小ネタ

サガンが死んだわけですが、まあ私の人生には関係なし。
彼女以降デビュー作がBonjour Tristesse風の女流若手作家というのが頻発されていったように思うのですがどうですかね。本人たちの問題というよりは編集者とか出版社の問題のようにも思いますが。ま、出ては消えるそんな連中が残していくのは結局ゴミの山なわけで(←ナニサマだよ!)。

PBG3の不調→中古PMG3(G4/800MHZカード入り)を購入して環境を構築・・・ということをやっているのですが、OS9の方がどうにもこうにも。ゴミ箱の中身が「どうしても消せない&タイプ127エラー」という気持ち悪い状態で気が立ってます。すみません。

あ、そんですごくクダラナイのですが、今アイロボットとかいうなんかしょうもない映画やっている(←公開はまだだっけ?)じゃないですか。あのロボットになんか既視感を感じたんですよ。なんだったんだろうなあ・・・と思ったらビョークのPVですね。ALL IS FULL OF LOVEとかいうのの。同じ人が関係しているのかな?

クリス・カニンガムだったと思うけど。APHEX TWINのPVも作ってたひとだな。ちょっと確認すればよいだけなんだけど、なんかまんどくせ。

| | TrackBack (0)

嘘ついたけどほんとだもん

とか言う人多いですよね。偏見ですけどサヨクとか女性とかに。

なんか今ひとつ盛り上がってませんがこんなニュースもありましたな。なんですかWブッシュがベトナム戦争中国内で楽な任務につけるように親族をつかって圧力をかけていた証拠だとか言われていた書類がMSWordで書かれていたとか。バカかと。

MSが自分たちがまるで大昔から君臨していたかのように思わせるマインドコントロールを行っていたのかもしれませんけど(←可能性は否定できない)。っていうか、ほんと偽造するならするでもっとちゃんとこだわれよ!と言いたい。

大体さ、例えば私がこの任務を仰せつかったとしましょう。まずTexas Air National Guardで当時どんな紙が使われていたか、とかどんなタイプライターが使われていたとか念入りに調べますわな。そんで同じものをなんとか入手しようとかします。そうすると70年代のタイプライター事情とか州軍のこととか色々詳しくなって楽しいじゃないですか。

あと当時上官だったというJerry Killianの文体(←文そのものは秘書がタイプするんだろうけどさ)とか使用語彙とかの調査もやりますよ。70年代のテキサス(←もともとの出身がどこかは知らないけどさ)の軍人の言語使用がどんな状況だったのかとかわかるじゃないっすか。これもオモロイ。

あと紙とかインクの経年劣化の様子とか色々化学系のこととかも調べてさ、その集大成として偽造書類が完成したときには「やったな!オレ」「すごいな!オレ」とかって感動しそうですよ。

あ、でもこれだと偽造しようとしているのが調査活動している過程でバレまくりですなあ・・・。あと完成までにかなりの年月がかかってしまう(笑)。いや、違うな、本当にそんな書類だとかメモだとかが存在しているのだとしたらそれを探す過程でも同じことをするはずだし。やっぱり「こだわり」が足りないんだよな。

っていうか、こういういい加減な偽造するヤツっていい加減にしか世界が見えてないってことなんだよね。こどもがつく嘘とかってこういう感じだものな。いい加減にしか世界が見えていない人間に「おかしんじゃねーの?」と聞くと「そんな細かいことはどーでもいー!うきゃーっ」ってなるけどさ、重箱の隅がどーの、とかいう問題は些細なことではないでしょう。重大な倫理上の問題だよな、と思う。

っていうかそもそも嘘をつくなと言いたいですな。民主党といえばクリントン政権のときの反日キャンペーンでもかなり偽造というか捏造されたものが使われていましたが、なんなんでしょうね、さすが日本に原爆を落とした党だけに品性下劣ですな(←政治的発言?)。

| | TrackBack (0)

パン屋とか

昨日は朝からひどい天気だったなあ。夕方までずっと真っ暗だったし。

そんな中、大学にトボトボ歩いていく途中のパン屋に寄ったわけですよ。そしたらなぜか混んでいるわけで。っていうか、もともとあまりに狭いんですけどね。建物のカドのところに無理矢理店出しているような感じで。

そんな店になぜかアレですよ「当番兵どの!それは連隊全員分の食料でありますか!」と聞きたくなるほど大量のパンを買っている老夫婦がいてなんだかなーという感じ。あとベンツから降りてきてずっと携帯で誰かを怒鳴りながら「いつもの!」とかいってなんか食パンを買おうとしているオヤジとか、「なんかぜんぜん場所わかんないんですよう、同じところぐるぐるまわっちゃって〜」とか携帯で話ながらパンを買っているババアとかもう、なんだかなー。萎える。雨でじめじめしているし。シチュエーションコントかよ。

で、さっさと買い物して店を出たかったのですが老夫婦の清算がなかなか終わらない。精算中にもまだ新たにパンを買おうとしている。食うのか?それ全部、とか思ってうんざりしながら彼らの後ろにならんでいると今度はアレですよ、二カ所ある入り口から同時にすごいデブ女が入ってきたんですよ。いや、私がいわれなきデブ差別をするいやな人間だと思われたら困るので言っておきますけど、ほんと異形な方々だったんですよ。ナンシー関がチャモロ人に転生したようなレベルの。

っつーか、出られるのかこの店からオレは!

と叫びました(←ココロの中で)が、まあなんとかなりました。そんでさらにトボトボ歩いて大学に行ってアレヤコレヤだったのですが、これだけは言っておきたい。

中東訛りの英語で用意してきた原稿を早口で読み上げるのはヤメロ!

お願いしますよ。マジで。何言ってるのか全くわからんっつーの。しくしく・・・。

で、またアレヤコレヤでトボトボと実家に寄って近所のいきつけの床屋に行ったら「まことに勝手で申し訳ありませんが本日臨時休業いたします」とか張り紙が貼ってあるわけで。

ほんとに勝手だな!

っつーか晴れてない日はついてない日だしな。ウチに帰ってきて気分(←っていうか機嫌)悪かったのでそのままフテ寝して、今朝このblogを書いております。で、今は良い天気。レンタルしてきた「トリコロール/青の愛」でも見るとするか。っつーかこの監督は無駄にタイトルを揃えるっつーかシリーズ化するんだけど、こういうのって萎えるんだよなあ、とか思う。

ま、そんな感じ(←たまにはnewsも扱わないとなあ・・・)。

| | TrackBack (0)

波の話とか

といってもまずは電波の話。

学研の大人の科学シリーズのラジオのヤツを以前買いました。で作ってみたのですがウチは難視聴区域なので例によってキビシイことになりました。増幅器のスイッチを入れてなんとかNHKだけが入るとかいう感じで。

で、なんでそんなものを買ったのかというとアレですよ、ちょっと訳ありで札幌駅地下にクルマを駐車して新千歳までお見送り・・・とかやって、なんつーのかそのまま駐車場代を払いたくなかったのでパセオで買い物をしたわけですよ。2000円で2時間無料とかいうことなのでヴィレッジバンガードで大人の科学とブルータスのバックナンバーを買いました。

大人の科学の方は中の冊子の表紙が三代目魚武だったので爆笑しましたけど。っつーか学研とかに絡んで生きていたのか。しぶといなあ。っていうか、彼は絶対このキットのラジオを組み立ててないだろうな。ラジオの詩とか書いてたけどさ。

で、あんまり電波のことはよくわかんなかったです。コイルの巻き数とか受信感度とどう関係するのかとかよくわからんかったし。で、ちょっとネットで調べたらビデオリサーチのページにいろいろ載ってました。悪名高いビデオリサーチですが意外と地味で堅実なこともやってるのね、と見直しました。トップページからだとわかりにくいと思いますがこのあたりに書いてあります。

そんで私は魚武というと大塚寧々と結婚していた男→大塚寧々といえばNHK「ソリトン」のナビゲーターというふうに連想してしまうのですよ。ちなみによくわかりませんがソリトン=solitonって波と関係ある語なんですよね?このへんが参考になるかも。あの番組は面白かったなあ。当時はまだNHKもちゃんと面白い番組つくっていたんだなあ、と感慨深い。大塚寧々さんはなんというのか独特の眼をした人ですよね。生気のないどろーんとした眼。あとデブでもないのに重そうな身体。イイ!(←特殊な趣味だな!まったく)と思ってました。あと当時ほとんど魚武と同類(?)だったドリアン助川がゲストのときはものすごく嫌っていたのに、魚武には釣られてしまっているのがなんとも(笑)。そういえばドリアンの回はあろうことかペリーゴールのレストランで収録してたんですよね。スタッフはあそこがどういうところか知らなかったのだろうか?と今でも不思議。っていうか他の客に迷惑だったろうに(苦笑)。

っていうか完全に人ごとですけど魚武の子どもが成長して、自分が普段パパと呼んでいる格好良くて優しくて素敵な人物とは別に血縁関係にある父親がいて、それがアレだと知ったときに自我が受ける衝撃を考えると同情せざるを得ませんなあ・・・ってほんと関係ないや。

NHKで今まともなのはラジオの一般的じゃない方の局くらいですかね。この間もなんかジョイスの「ダブリン市民」を延々英語の朗読と日本語訳解説で垂れ流していたものな。スゲエ。でも今の会長が居座っていたらいずれ停波されてしまうかも。心配。

あとですね、上で書いたブルータスのバックナンバーってサーフィンもの特集なんですよ。サーフィンってどういう原理でやってるんだ?というのが実は今までかなり謎だったんですけど、この夏ホーマックで売っている偽ボディーボード(←ただのでかいビート板)を持って海で実験して「なるほど」と思いました。

なんつーのか、やっぱり「斜面を滑り落ちている」というのはスキーとかスノボとかと同じなんですね。ただ波の場合は斜面そのものが新たに形成されるというか移動していくというかそういうことで。やってみないとわからんものです。

ただねえ・・・スノボとかもそうなんですが横ノリ系はやっている人たちの文化というかコミュニティがこう嫌なんですよね。人間同士の距離の取り方が違うというか。群れて横ノリ・・・ってやっぱりこう生理的に受け付けないなあ。レゲエとかも大嫌いだし。スノボとかボディーボードそのものは面白そうなんだけど。

| | TrackBack (0)

忘れたときにすぐに見つけられるように

ここに書いておくか。

なんか最近特に記憶力がなくなってしまって、もう3文字くらいまでしか覚えられない(←病院に行った方が・・・)。でも3文字の組み合わせの形だと覚えられたりする。どうなんでしょうね、このあたり情報科学的に考察すると。なんだか私が英語の単語を覚えられないのとかとも関係ありそうな気もします。日本語だと大体3文字までの記憶容量で大抵の単語は対応できるものなあ。英語で3文字だともうprefix+1文字くらいになって識別不能ということになりますからなあ。やはり日本語に過剰適合した結果なのだろうか・・・(←無理矢理だな!)。

それはさておき忘れたときのための情報をアレコレ。

・TETSU100%の正体は織田哲郎
・Beanieは丸形の縁なし帽のこと
・KAHIMI KARIは本名のアナグラム変換
・柴咲コウの本名は山村幸恵
・超弩級の弩は戦艦ドレッドノートのド
・MEGUMIの本名は山野仁
・Bonnie Pinkの本名は浅田香織
・パペットマペットの中の人は菅野和也
・イルポスティーノの原作者はAntonio Skarmeta
・マウントバッテン中将
・メドブーハ
・祥月命日
・静的マスカレード
・カーフ素材
・承徳

いらねー情報(?)ばっかりやんか。そうそう、あと

・プロマウスの横のところに溜まった汚れは歯の隙間掃除用の糸のアレで一応掃除できるようだ
・攻殻機動隊SACの最後でボーマが言っている聞き取りにくい台詞は「たまにはアタリもひかねーとな」かもしれない
・キルビル1でオーレンイシイが英語だとBut as last looks go you could do worse.と訳されている聞き取りにくい日本語は「このよのみおさめとしてはわるくないだろ?」かもしれない

とかね。くだらねえなあ、やっぱり。でもくだらない情報の方があとで確認しにくいんだよね。例えばFayrayが実はまるっきり日本人で本名は・・・って情報が今手元に見つからなくてちょっとムズムズするし。

| | TrackBack (0)

伊藤ガビン=ログインの編集

というイメージなんですけどね、私は。しばらくしたら芸術家になっていたので驚いた。今は何なんだろう。いいんだけどさ、別に。

なんかですねデジオっていうところで時評をやっていたりしている。そういえば普通にしゃべっている伊藤ガビンの声を聞くことは今までなかったから新鮮。今さっき繋いでみたばっかりなので仕組みとかよくわからないのですがこれはアレですか普通にmp3ファイルをダウンロードしちゃってるんですか?4〜5メガくらい落としてくるみたいなので。

なんか荻生徂徠の話している。私は国文出身だからあんまり荻生徂徠って何だ?みたいなネタでは笑えないなあ。普通だし。・・・あ、終わった。みじか〜っ。15分とか30分ものにしてはサイズが小さいなあ、と思ったら普通に収録されている時間も短いのか。うーん・・・。どうなんだろう、コレ。

それと全く関係ないけど荒川良々って1974年生まれなんだ。そうするとほんと「ピンポン」っておっさんばっかりが出てたんだなあ。

| | TrackBack (0)

イアンアイブってなんか見失ってるよね

と昔言われていましたが今考えるとそうでもないかも。同時代では理解できないことも多いということでしょうか。ま、いいんですけど。ポリタンクもよく見るとこれはこれで結構アリかもしれない・・・。

PBG3がいよいよヤバイ感じになりました。そんで中古のポリタンクを買ってデータを移植作業中です。OSXのターミナルとかそういうあたりの設定再現が面倒で泣けてくる。大体壊れてもらうとあまりに困るというようなタイミングで壊れるんだよなあ、計算機というものはさ。しくしく・・・。

で、ここからはポワロ並みに思い込みだけで証拠のない私の推理なわけですが、たぶん故障の根本原因は「熱」ですね。なんか噂によるとiBookって全機種ロジックボード交換サービス(年内のみ)実施中だそうで。私のLombardと症状は似ているんですよね。起動しなくなったりとか。

よく知らないのですけどiBookってドーターカードじゃないんですよね、きっと?だからロジックボード全とっかえになっていると。なんていうのか「熱」問題ってそういえばPBG4の開発が猛烈に遅れた原因ってコレでしたよね。表に出ている情報以上に深刻だったってことかなあ。Lombard用のG4カードが販売されてすぐに中止になったのもコレと関係あるんですかね。熱問題の解決は無理というデータが出たとか。

私のLombardもメモリを限界以上に積んでHDDもそれまでの15倍の容量のものに交換した上にほとんど起動しっぱなしという環境でしたからね、最近は。負荷がかかってついに症状が出てしまったのかもしれない。置いておいた机の表面が変色するくらい発熱してましたから。

で、そう考えると最近のアップルが執拗にアルミ筐体にこだわっている理由も想像がつくというものですよ。デザインがどうのじゃなくって、熱対策なんじゃないかと。でもそうすると新型iMacとかはまた結局熱暴走で壊れるんじゃないのかなあ。何考えているんだろう?うるさい客だけクレーム処理でロジックボード交換しとけばいいか、って考えているのかな。リコールしないで相手の申請によって修理ということにすれば根本的な熱対策をしてコストをかけるよりも利益があがると考えているのかな。

アルミ筐体の高価格機種をばんばん買うような人は放っておいても新機種をバリバリ買ってくれるから不具合の出ないような構造にしておいて信頼を得ておき、コストパフォーマンスでiBookとかiMacを買う人にはよくて2〜3年で壊れるタイマーつきを売って買い換えさせよう・・・って作戦なのかな?ひどいな、そうだとすると。でもなんかそんなツモリで商売やっているような気がしてきた。疑心暗鬼。

松本零士のクイーンエメラルダスに出てくる監督官さんのお言葉に

男にはまもらねばならぬ責任がある
はたさねばならぬ男の信念がある
それをまもれないなら
男に生まれなければいいのだ
やりぬけないなら
その仕事につくべきでないのだ

というのがあるんですが、きっとアップル社員に「男」はいないのでしょうなあ(←フェミな人に絡まれそうですが:笑)。

| | TrackBack (0)

丘珠で赤くなった

痛い。マジで。自分が日に焼けやすい&真っ赤になる、ってことを忘れてました。もう9月半ばだし大丈夫だと思って油断してた。っていうかこういう酔っぱらいというかアルコール中毒で酒焼けしたジジイのような姿に焼ける人を私は自分以外に知らないんですけどね。みんなそんなに用心深いのか?日焼け止め塗っているのか?

で、なぜ焼けたのかというと昨日丘珠で航空ページェント(?)とかいうものに行ってきたからですよ。毎年なんだかんだで見逃してたんですけどね(←っていうか2年おきに開催)。ロック(もと航空自衛隊イーグルドライバーでむかしむかし模擬空中戦でF15withベトナムエースをF104で撃墜して相手はショックのあまり引退したという伝説の男)岩崎も来るということで朝から出かけました。

うーん・・・確かにアクロバット飛行はすごかったんだけど(逆ループとか)・・・なんといか、アメリカ風にやっても日本人にはうけないんじゃないのかな、と思った。なんつーの、みんなガチンコ好きじゃないですか。ショー的演出は好きじゃないと言うかさ。地上の放送で専属スタッフみたいな人が回転する回数をカウントしたりイヤフウ!とか煽るんだけど逆に観客は引いてたもんな。拍手しろ!とか言われてもほとんど無視してたし。っつーかアメリカンな煽りはあんな一本調子じゃないんだろうしな、ホントは。ずーっとヤフウ!じゃついてこないよ客も。

もっと競馬の実況中継みたいな淡々とした言い方でしゃべった方が聞き取りやすいし良いと思うんだけどな。あとアクロバットの技って結局ハンマーヘッドとかちょっとしか種類がないんだからさ、それを披露しててもマンネリになって飽きてしまうだろうし(←っつーか飽きた)。殺伐とするけど模擬空中戦みたいなのにした方が受けるのではないかなあ。もちろんパイロットの安全の問題とかもあるからガチ風味の脚本通りにやれば良いと思うのだけど。

ま、でもあれですよ、数年前とくらべてミリタリー色が薄くなった気がするのですが気のせいですかね。子ども連れとかも多かったしなあ。観客は5万人超みたいだったから札幌中の航空ヲタ総数よりは多そうだし。こういうものなのかもしれんな、とは思った。

あ、でも結局一番感銘をうけたのはグライダーでのアクロバット飛行だな。グライダーであんなこと出来るとは知らなかった。でもそのせっかくのすばらしい演技、高度1000mから無音で滑り降りてくるグライダーの華麗な舞に観客が息をのんでいるまさにそのときに大音量のエンジン音とオイルの匂いを地上でまき散らしていたバカがいてどこのどいつかと思ったら・・・

またアサヒ(新聞社のセスナ560アンコール)か!

一緒にいた伊藤組と中日新聞のビジネスジェットは静かにしてたのに!

あとホーネットとスーパーホーネットがあんなに大きさが違うとは知らなかった。でもデモをやってくれたファルコンとかホーネットってなんつーのかこういまいちグッとこないんだよなあ。昔みたトムキャットとかイーグルのデモは迫力あって良かったんだけどなあ。ま、あんまり空で存在感のある機体って戦争に使うにはうまくないんだろうけどさ。

あとはねえ、不思議だったのが自衛隊の広報の人(女性)がさ、ワタクシのすぐ左若干後ろにたっていて望遠デジカメみたいなのでホーネットが飛んでいるときに写真をとっていたんですけどね、私の肩ぐらいまでの身長しかないみたいだったので左から飛んでくるホーネットを追尾して撮影するとすぐ私のカゲに入ってしまって写せなかったのではないかと。何か違うものを撮影してたのかもしれませんが。

そうそう、あと売店で必死にシールとかを売ってたおねいさんがいてですね、結構美人でですね(←注:ワタクシの趣味は若干一般性にかける部分もあり)、テキヤの人かと思ったらどうやら本物の自衛官の人らしいのですよ。写真とりたかったけど丁度フィルムが切れてしまった・・・。で、なぜ自衛官だとわかったかというと迷彩Tシャツとか売っているところにその人がモデルになっている写真があってキャプションに「当基地オペレータ云々」って書いてあったからなんですが、それに気づかなくてもあの体力(朝8時から終了時間まで声を張り上げ立ちっぱなしで交代なしのまま帽子も被らず炎天下)で普通じゃないことは明白でしたが。

| | TrackBack (0)

愚痴とか書いて恐縮ですが

言わせてもらいます。っつーかまたPBG3で不具合ですよ。例によって2次キャッシュまわりで。っていうかもうなんつーの、ビクビクしながら使うの嫌だ。なんていうのかな、売り出してから5年たっているけどさ、みんなここがおかしくなってるんだからやっぱり設計とかそういうレベルでのミスでしょう。やっぱりアップルが悪いよ。

売っているほうにしたら新製品を買ってくれるのが良い客で、一回売ったものをいつまでも使いつづけるようなやつはイラネ!ってことかもしれないけどさ、買いかえる気も萎えるというものですよ。結構な金額投入して買って大事に使っていてもなんというかこういう理不尽な壊れ方するんじゃあねえ・・・と思ってしまう。

なんだかなあ。MacOSが動くのはMacだけだからこうして付き合っているけど、少なくとも現行機種を見る限りではなんつーのかアドバンテージも無いしな。OSXなんてUNIXなわけだし。GUI部分が他機種にも移植できればMacなんてイラネ!ってな感じにもなりかねないわけで、でもそれはアップル社が従来からのうるさいユーザ切り捨てのために望んでいることかもしれないしなあ。ムカつくけど。

MacOSはアップル社が開発したものだしアップル社という法人格の財産だから私フゼイがあーだこーだ言っても始まらないのですけどね、でも言いたい。大阪とか名古屋とかにくだらねえ店出している金と暇があるんだったら今までアップルの信者として少なからず売上に貢献(←Win陣営との聖戦に身を投じ、多くの人間をMac側に転向させてきたわけだ)してきたものたちのためにちょっとはサービスしようかしらん?とかって思わないのかね。

まともなサポートっていうか情報公開しろよな。マジで。Lombardユーザの全員に2次キャッシュ障害が起こるってことはさ、新品のドーターカードはもう生産されていないわけだし、ただでさえ年々減っていく完動品のドーターカードの需要が中古市場とかでもどんどん上がっていくというか希少化していくわけでさ、フザケンナ!っつーの。

せめて「なぜこんな不具合が起きるのか?」の原因究明くらいやってその調査結果を発表しろよボケカス。今後別の機種でも起きるかもしれないわけだし。っていうか原因がわかれば故障の発生を回避したり、場合によっては根本的な問題解決だって可能かもしれねえじゃんか。あと原因つくった設計者とか工場関係者とかをばっこし処分するとかさ。車輪刑とかにしてさ。

あ~あ・・・。中古でPMG4とか買おうかな、と思ったら400MHzのしかないなあ。5万切っているのは良いけど。PMG3/400MHzをソネットのカードでG4/700MHzにしているやつは7万円くらいか。うーん、微妙だなあ。嫌になっちゃうよ。

色々語りたいネタとかあったけどみんなふっとんでしまって愚痴だけになっちまった・・・。

追記:PBG3不具合のためこの記事はThinkPadで書いているわけですが、アレですね、Windows上でみるとリンクのためのボタンとか色々ついているんですね書きこみフォームに。はあ。昔ならMac対応を怠るとはなーんたる!と言って騒いだものですがもうそんな気も起きないなあ。そうそうそろそろ.Macの更新だな。私が支払った代金が銀座とか大阪で雇われている無能社員に支払われる給料の一部になっているかと思うと心の底から萎える。あ~あ。

| | TrackBack (0)

非論理的なのって

腹立ちますよね?立たない?どーなんだろう。最近の時代劇では言わないのかもしれないけど「おまえらにんげんじゃーねーたたっきってやる!」ってセリフがあるじゃないですか、理屈が通らない相手を前にすると私はいつもココロの中でいいますね、これ。ホント150年前なら無礼打ちにしているところですよ。

なんというのか理屈で話ができないなら話しても無駄ですしね。どうやったって合意形成なんてできないわけで。第一合意が形成されたって守らないだろうしな、そういう相手だと。幸いにしてまだ本当にそういう相手を「たたっきる」ことはしたことがないけど、やってもさほど自分の人生にとって害にならない環境であればきっとやるだろうなあ、とは思う。議論して理屈で負けると「(理屈はそうかもしれないが)私はナニソレしたくない」とかって自分の気持ちを言うんだよね、そういうヤツって。

たとえばこんなのもそうだね。矢嶋靖夫氏(日本レコード商業組合理事長)の発言。(輸入CD規制問題はいま

「(内外で価格差を設けることは)物価水準の異なる海外において、適正な価格で品物の提供をするために必要な手段。その価格差を悪用されないために諸外国でも輸入権が形成されており、日本でも欠かせないものだ。法律の根本に触れられていない意見が出ることを寂しく思う」

オマエが「寂し」いからなんだよ。オレを楽しませろ!ってか。

いや、だからどうってことではないのですけどね。スタートレックのバルカン人とかは好きだなあ。カークは嫌い。マッコイはもってのほか。ま、いいのですが。

あ、そういえばアレですね、私にとっては

理屈が通る合理的なヒト=人間
理屈が通らない感情的なヒト=人間じゃあねえ

なんですけどスタートレックのネクストジェネレーションズとかでもアンドロイドのデータ(←固有名)に感情を持たせて人間らしく云々とかやってたな。逆だろうに。論理で自分を律することができてこそ人間でしょうが。欲望のおもむくままに感情的な行動をするのは人間じゃねえだろボケと言いたい。チェチェンのテロリストとかアジア杯の某国人とかね。

で、それとは関係なくアレですよ、昨日私が所属している学会の一つから例の日本学会センター破産(?)にからんでのお手紙が来ました。1500万円ほど返ってこないそうです。1500万円・・・それは応仁の乱から京ダコがいくつ食べられ(ry

最悪ですね。でもセンターの幹部とか責任もとらないんだろうなあ。理不尽だなあ。なんで鋸引きの荊とかにしないんだろう。欲望のおもむくままに使い込みしたり子会社勝手に作って投資してコゲつかせたりやりたい放題やった結果なのに。あと関係ないけどマスコミとかが某宗教団体のことを「学会」って略称で呼ぶのやめて欲しい。そのせいで一々ヒトに誤解されないように「日本近代文学会」とか「情報処理学会」ってフルネームで言わなきゃいけなくなるし。

さらに話はトブのですが、昨日の台風の影響なのかウチの近所のコンビニではフリーザ(?)の中が空だったりガムテーブで封印したりしてます。なんでだろう?

わけのわからんことが多いな!まったく。すべて合理的にいかんものかね(←いかんだろうなあ・・・)。

| | TrackBack (0)

台風?

昨晩から朝にかけて雨が強く降っていたのは確か。でも今朝6時くらいにはなんかサッポロは晴れかけてました。でもマスコミでは札幌とか小樽とかの小学校は休校とか言っているし。きっとこれから台風がくるのね〜と思っていたらその後どんどん晴れていってなんだかな、という感じ。天気予報もウソばっかりかよ。

ただ風は半端なく強い。木の葉とか舞い上がって乱舞してます。石とかが飛ぶよりいいけど。

で、台風の影響か知りませんけどnews-handlerがおかしくなったままです、昨晩から。よくおかしくなってたけど。今回のは重症っぽい。これはこっちに完全移住かなあ。などと思ったり。

あと話は飛びますがHDDの中に溜まったワケワカランファイルを確認&削除してたらBBCの24時間ニュースのストリーミング動画放送が始まってしまってですね、見ていたら例のロシア子ども虐殺テロの体育館の映像が流れていたですよ。私はテレビを全く見ないヒトなので知らなかったのですがこれはなんというか今日になって初めて公開された映像なんですね。でもなんでテロリストがそんな映像撮影してたんだろう?記念?

っていうか、もうどこから手を付けたら良いのか、というくらいメチャクチャですよね。私が指摘するまでもないことですけど。なんで反ロシアのためのテロで北オセチアを狙わなくてはならないのか、ってところからおかしい。あと政府要人でもなければ軍事産業とか資産家とかそういう業の深い人間でもない小さな子どもを虐待して虐殺する理由がわからん。っていうか、こんなことして「わあ!チェチェンの人達の言うことは正しいナリね〜」って誰が思うんだろう。要するに「あ〜誰か殺してえ」とバカが集って、んで「ロシア本国まで行くとチェックキビシイからこのあたりでいいか〜」って北オセチアを狙って、さらに「動きがトロくて弱いから幼児を狙うか〜」ってフルメタルジャケットに出てくる兵士みたいな発想(?)で学校の始業式を狙うわけだ。

しかしそんな連中に「アラー、アクバル!」って言われるアラーもしんどいだろうな。同情するぜ。

と嫌な話をしていてもしょうがないのでちょっとイイ!話を。なんというかNewtonは生きていた!そうな。スゲエ。Palm系のPDAすら日本では絶滅寸前だというのに。っていうかちゃっかりジョン・スカリーも絡んでいるんですね(笑)。なんかカッコイイなあ。あとハードそのものが老朽化して稼働できなくなるから別のハードにエミュレータを使って(←なんかこう、肉体を捨ててより高次の情報生命体へ・・・って昔のサイバーパンクみたいだ)乗り移っていこうとしているとこなんかグッとくる。

同じ人類でもこうも違うかね。まったく。

| | TrackBack (1)

しまった普通にhtml使えますね

赤面。タグを間違っていただけか。a hrefのところをhrefって書いてたからリンク出来なかっただけの模様。大失敗である。

それではMITについての記事。計算機科学に学生が背を向けるってヤツですけど。・・・ってあまりに日数が経っているので書くことが思いうかばないや、結局。でも頭打ちの分野とは思わないけどなあ。企業に雇われてすぐに金になる分野とも思わないけど。超大型のスーパーコンピュータ作っているようなところは限られているだろうし、もっと安価な市販品だと電機メーカとかの仕事になってきて、なんつーのかあの世界は地獄と聞いているし。1年が5年ということは1日が5日ってことだからねえ。才能より体力という気もする。製品が激しく安くなっていくってことは給料も激しく安くなるか労働時間が激しく長くなるか(←結局は同じことだけどね)だし。

計算機の研究はもっと人文科学に近い分野に進出してくるんじゃないのかなあ、と私などは思ったりしています。自然言語処理分野に限って言えば最近そういう傾向がとみに強くなっているし。ま、人文科学臭が強くなれば当然学生は逃げますわな(笑)。人文科学といっても法学とかは人気のようですけど。アメリカ人でしかもハーバードとかに行ってなおかつ文学とかやっている人はまずWASPじゃないでしょうしね。

なんだか、とりあえずそんなとこ。

| | TrackBack (0)

やっぱりリンクできないなあ

うーん、他のWebページにリンクさせない仕様なのかなあ。ある意味niftyらしいけど。ブログ間でのリンクならトラックバックでやれるでしょ、ってことか。なんだかなあ。パソ通っぽい。

「クイック投稿」とかいうので一応リンクも出来そうだけど無駄に面倒とかかかえるのイヤだなあ。普通にリンクできんのか普通に。そういえばココログスタッフ募集とかやっていたから現状ではマズイという自覚はあるのかな。改良されることを願うよ。

もともとの「犬も喰わない」でリンクしてそこにトラックバックするか(笑)。バカみたいだけど。

で、試しにやってみました。何日か前に気になっていたMITの学生が計算機科学を専攻しなくなっているというニュース。・・・まんどくせ。ものすごく手間がかかってしまう。肝心の記事についてのコメントとかする気もなくなってしまう。どうしたものか。

ま、もともとnewsへのリンク無しでもヨタ話書いていたからいいけどさ。でもなんでリンクできないんだろうなあ。不便極まりないよ。っていうか他の人々のココログを観察してみれば良いのか。ふう。

| | TrackBack (1)

こちらに移ってくるかも

どうだろうなあ。こっちに引っ越ししようかと思っているのだけど何か色々新たな不具合もありそう。しばらく様子見だな。でも公開はされてしまうわけだが。

とりあえず旧(?)ブログにリンクでもしておくか・・・ってどうやるんだ?
一応 http://ccoe.blogtribe.org/ だけどどうだろう?
タグを書いてみたわけだがどうだ?
あとは改行して行頭から、ってのもやってみるか。

http://ccoe.blogtribe.org/

あれれ?全部ダメだな。リンクみたいな基本中の基本をどうやったら良いのかわからないユーザインターフェイスってダメじゃないかな。私がアホなだけかもしれないが(←その可能性はかなり高い)。やはり様子見だなあ、しばらくは。

| | TrackBack (0)

Main | October 2004 »